マクロビランチ with sammyさん

2008年10月23日
マクロビランチ with sammyさん

マクロビランチ with sammyさん

sammyさん宅にお邪魔してランチをご馳走になりました!!!

sammyさんはマクロビママ友達。
友達なんて言っちゃってい〜のかなぁ・・・。

すんごくすてきな女性で、私が尊敬してやまないお方です。
お仕事バリバリやりながらお子さんとの生活も満喫されてて
生き方がスマートな方。(ちなみに体型も超スマート!)
自分というものが確立されていて、凛とした姿が素敵なんです。
かといってとっつきにくい印象が全くないんですよね。
そこがまた魅力なんです。

ちょっとしたお届けモノがあって、立ち寄りだけのつもりが
予定が空いたとのことで急遽ランチをご一緒することに。
なんと、sammyさんが自ら腕を振るってくれました。
うれしぃ!!!

実はこの日は午前中、マクロビBabyの運動会だったのですが
おいしいランチが待っているかと思うと、勝手にテンションが
上がりまくってました。おほほほほ。

作ってくださったのはマクロ仕様の和風パスタ。
それとラタトゥイユも添えてくれました。
写真には写っていませんが、アップルパイも焼いてくれたんですよ。

「簡単なものしかできませんけど」と言われて出された和風パスタ
ですが、めっちゃくちゃおいしい!
お子さん用に味を薄めにしてあるということでしたが、私には
十分おいしく感じられる味でした。

こういうのが食べたいと思っていた時だったし、きのこ・あらめ・
シソだなんて、私好みの食材オンパレード!
見た目もおいしそうでしょ?

マクロビ仕様なので肉類・乳製品などは一切使っていません。
油もなし!
重ね煮した食材に醤油で味を調えてパスタと和えた一品です。

いわく「丁寧にマクロの下処理や調理法をすると、味が格段に
変わる」そうです。
確かに・・・。
いくらマクロビ仕様といっても気持ちのこもっていないものや
食材を丁寧に扱うことをしなければおいしくは仕上がらない
ということですよね。
心にとめておきます。

アップルパイもおいしい。
マクロ仕様なのにパイ生地がさっくりしてます。
うちのマクロビBabyは牛系がNGとされているのですが、「バターを
少しだけ使ってしまったけれど・・・」と気遣って下さります。
私が乳製品を完全除去してるわけではないのですが、細かな所まで
最新の気遣いをしてくださるのが本当にありがたく思いました。

でね、お部屋がとってもとっても素敵なの。
ちょっとセレブな気分。
至福のランチでした。

sammyさん、お忙しいのに本当に有難うございました。

食後はお子さんと一緒にお散歩。
お兄ちゃんは自転車に乗ってそれはそれは長い距離を連れまわして
くれました。最近運動不足だったから私も運動になってよかった
よかった。(けど、疲れた。といっても心地よい疲労感)

帰りの車の中、お兄ちゃんもマクロビBabyも爆睡。
お兄ちゃんなんて「おなかすいた!」って大騒ぎしてたくせに
夕食も食べずに結局朝まで寝ました。

楽しい、おいしい、素敵な休日でした。
posted by megmama at 12:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | マクロビその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクロビスイーツ教室 かぼちゃのスコーン

2008年10月01日
マクロビスイーツ教室 かぼちゃのスコーン

マクロビスイーツ かぼちゃのスコーン

マクロビBabyおよびお兄ちゃんと一緒にマクロビスイーツ教室に
行ってきました。

子連れでのお料理教室ってなかなか難しいんですよね。
子連れOKとなってても、子供の管理は親の責任だから様子を
気にしながら、でもレシピもちゃんと聞きながら。
子供同士のモメごとがおきた日にゃ、お料理教室どころじゃない
ですからね・・・。

今回は、お気に入りのマクロビレストラン、マザーアースさん
スイーツ教室に参加してみました。

マザーアースさんはとにかく子連れにやさしいレストラン。
おもちゃやベビーベットが準備してあって、親が食事をしている間
子どもたちが退屈することなく過ごしてくれるし、子供が寝入って
しまってもベビーベットに寝かせるスペースがあるから安心。

子連れOKとしているだけあって、多少ならさわいでもそこはお互い様
って感じで受け入れてくれる雰囲気もばっちりです。
スタッフの方も慣れた感じでぐずる子供をあやしてくれたりもします。

こういうところだから、子供達二人連れての参加でも重い腰が
すんなり上がったかな・・・。

今日のメニューは「かぼちゃのスコーン」
かぼちゃもスコーンも大好きな私にはたまらない一品です。

スコーンのレシピは数あれど、マクロビ仕様となるとかなりレア。
一般的なスイーツにありがちな、白砂糖・バター・卵・乳製品は
マクロビスイーツでは使用しません。
でも、ノンマクロなスイーツに負けないおいしいスコーンが
作れるんですよ。

今日のレシピでは、薄力粉・強力粉・ベーキングパウダー・自然塩・
かぼちゃ・菜種油・メープルシロップを使いました。

粉類をふるい、菜種油を加えて手ですりあわせ、蒸してつぶした
かぼちゃ、メープルシロップを加えて混ぜ、スコーンの形に成形。
オーブンで焼いて完成となります。

最初にレシピの手順説明があって、あとは参加者で作業を分担して
作っていきました。

お兄ちゃんもスモックを着て、大張りきり。
4組中3組が子連れだったので、お兄ちゃんが少々失敗しかけても
そこはうまくサポートしたり、やさしい言葉をかけてくれたり。
調子に乗って、お兄ちゃんったらいろんな事に手を出しまくって
ました。
スコーンの成形ももちろんやりましたよ。
スコーンって、丸く平たい形ですが、お兄ちゃんはボール型で
ところどころ手でつぶしてました。
なぜか「ゴーオンジャー」っていうんですが、意味不明。
(ゴーオンジャーって、男の子が好きな戦闘系のキャラクターです)

焼けるまでの間はおもちゃでお遊びタイム。
お友達と一緒に、時には取り合いをしつつも仲良く遊んでました。

さあ、できました。

ブルーベリージャム、いちごジャムをつけていただきま〜す!

さて、お兄ちゃん、自分が作ったスコーンは如何?

「おいしい!」

でしょ?でしょ?
やっぱり自分が作ったというのがあるから余計においしく感じる
んでしょうね。私の分にまで手をだして食べてました。

ブルーベリージャムもお気に入り。

ジャムっていうと「あま〜い」というイメージでスーパーなどで
売っているものは白砂糖たっぷりだったり、添加物が入っていたり
なので我が家ではジャムのストックはありませんでした。

でも、ちゃんとマクロビ仕様のジャムもありますよ。



原材料はオーガニックブルーベリー、濃縮果汁(りんご、レモン)のみ。
マクロビオティックで使われる甜菜糖なども入っていません。
お兄ちゃん、かなり気にっていたからこの手のジャムだったら買っても
いいかな、って思いました。

スコーンは粉類の分量を変えることで食感を変えることができるそうです。
自分なりにアレンジして、我が家のオリジナルレシピを完成させ
られるといいな。

今度は自宅でお兄ちゃんと一緒に親子クッキングしたいと思います。

ああ、おいしかった。
シアワセ、シアワセ。

追記
な・な・なんと・・・
残念なことにマザーアースさんは10月いっぱいお休みだとか。
11月以降はまだ未定だそうです。
こんなに素敵な場所は他には無いのに。
こんなことなら、もっと足しげく通って全メニュー制覇しておく
んだった。後悔先に立たず。



posted by megmama at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクロビ流 梅仕事

2008年06月19日
マクロビ流 梅仕事

マクロビ流 梅仕事


梅仕事の時期になりましたね。
(ちょっと遅い?しばらく体調不良でブログ更新できずでした。
といっても風邪がだらだら続いてる程度です。)

マクロビオティックを始めて1年少々、梅干を自分で漬けるように
なるなんて夢にも思ってませんでした。
なんせ、ぐ〜たらなもんで・・・。

それも、いやいややるのではなく、今年は自然と「お、梅仕事の時期」
と思えるようになっているから不思議です。

マクロビオティックは環境・季節との調和を大切にします。
スーパーに並ぶ時期はずれの野菜に慣れていた私にとって季節の
お野菜、季節の行事って、かなり遠い存在でした。

マクロビを始めてからそういう事を少しずつ意識できるように
なってきたんですよね。恐るべし、マクロビオティック!

自分の体が少しずつ変化していることと、周りにいてくれる
マクロビ仲間のみなさんの良い影響を受けられるお陰だと
思っています。感謝、感謝。

さてさて、今年の梅仕事。なんと息子が手伝ってくれました。

へたの部分を取るのにはまった模様。
私が手を出そうものならすごい勢いで叱られてしまいます。

一生懸命、梅仕事に打ち込んでいる息子の姿を見ていると
なんだかじぃんとしてしまう母なのでした。(親ばか)

梅干って、おばあちゃんが作る手間隙かかるものってイメージが
ありましたが、いざやってみると案外簡単。
かびが生えないようにだけ注意すれば、あとは大した手間なしで
できます。

かびを生えさせないポイントは塩分。
減塩ブームで7〜8%の塩分で作るレシピもあるようですが、
それだとかなり注意してないとかびが生えちゃうようです。
なにより、日本人はちまたで騒がれているほど減塩を意識する
必要はないそうです。

肉食がメインで陽性に傾きすぎている欧米の方には減塩が必要
ですが、穀物菜食の日本人の体には減塩は不要です。
(といっても最近は食事が欧米化しているので取りすぎは厳禁
ですが・・・)

私は今回、12〜13%ぐらいになったと思います。
今のところかびの発生はなく、台所の冷暗所で梅干になるべく、
着実に熟成?されております。

夏の晴れた日に干して完成。

これもお兄ちゃんが手伝ってくれるかしら?

今から楽しみです。
posted by megmama at 12:22 | Comment(6) | TrackBack(0) | マクロビその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。