マクロビ 玄米の炊き方

2007年05月14日
キレイになる為に.:*・°☆ - livedoor Blog 共通テーマ

マクロビ 玄米の炊き方。

マクロビの基本中の基本の基本。「玄米」です。

白米に慣れている人にはどうしても抵抗がある玄米。

単細胞な私の脳には「玄米=健康」と刷り込みされているので
特に玄米に対して抵抗感はありません。あまり細かな味覚は持ち
あわせていないせいか、食べても「マズイ」と感じたことは
ありません。子どももイヤがる事なく最初から普通に食べてくれました。

体によい玄米、せっかくなのでおいしくいただきたいものです。

玄米の炊き方には大きく分けて3つ。
「炊飯器で炊く」「圧力鍋で炊く」「土鍋で炊く」

個人的には圧力鍋で炊くのが簡単でもっちり仕上がってお勧めです。


-材料-

玄米 2カップ
水 2.4カップ(玄米の1.2倍)
塩 少々
(豆類)


-作り方-

<洗う>

1.玄米をバットなどに広げ、不純物やもみがらをチェック。
 あれば取り除く。

 check point!
 この不純物取り除き作業、少々手がかかりますが大切です。
 もみがらは宿便のもとだそうです。
 そう聞いたら、なにがなんでも取り除こう!って気になりませんか?

2.ボールに玄米をいれ水を注ぎ、さっと混ぜてすぐに水を流す。
 これを1・2回行う。

 check point!
 最初に水に触れた時が一番吸収率が高いです。玄米についた余分な
 にごりも一緒に吸収しないよう、水はすぐに流してください。
 水道水ではなくできるだけ浄水を利用。

3.2の後、同じように水を注ぎ、両手の手のひらでこすり合わせる
 ようにして洗い、水を替える。水のにごりが無くなるまで繰り返し。

 check point!
 この作業で米粒の間にあるクズを取り除きます。

4.玄米をざるに移し、ボールに水を入れて、その中でざるをよく振って
 振り洗いをする。



<炊く>

■圧力鍋の場合・・・

 中火で3分 → 強火で2〜3分 → 弱火で25分 → 火をきって蒸らす


■炊飯器の場合・・・

 炊飯器は玄米モードのあるタイプを選択。
 釜が厚く高温で加熱できるタイプのものはふんわり美味しく炊けます。
 炊飯器の場合は玄米を一晩水につけること。


■土鍋の場合・・・

 水は少し大目、玄米の1.5〜1.8倍を目安に。
 
 ごく弱火で10分 → 中火で約30分 → 1〜4時間弱火でじっくり
  → 火をきって蒸らす



豆類を一緒に炊くと玄米苦手な方でもおいしく食べられます。
初心者にお勧めです。
その場合、お米と一緒に前の日から一晩水につけておいて下さい。
豆を穀類と一緒に取ると味だけでなく、栄養分の吸収にも効果が
あります。
posted by megmama at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビ基本食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。