マクロビ 小豆かぼちゃ

2007年06月12日
キレイになる為に.:*・°☆ - livedoor Blog 共通テーマ

マクロビ 小豆かぼちゃ

マクロビの代表的な基本色、小豆かぼちゃをご紹介します。

腎臓強化、糖尿病、腎臓からくるむくみに「小豆かぼちゃ」が
効果ありです。

あずきかぼちゃには水毒を出して腎臓の働きを強化する作用が
あります。むくみや残尿感のある人に効果があります。糖尿病の
特効薬としても有名。甘いもの、肉類をやめ、小豆かぼちゃを
続けて摂取すれば、驚くほどの効果があります。

朝晩、おわんに半分ずつ食べると良いです。

____________________________

-材料-
かぼちゃ 150g
小豆 1カップ
塩 小さじ1
水 3〜4カップ(小豆の3倍程度)

-作り方-

1.小豆はよく洗ってざるに上げ水気を切る。かぼちゃは2〜3cm角の大きさに切る。

2.小豆と水を鍋に入れて中火にかけ、沸騰したら弱火に。
 途中で3・4回程度差し水をしなが弱火で煮る。

3.2にかぼちゃを加えて弱火で煮る。

4.塩で味をつけてできあがり。

____________________________


-ポイント-

・マクロビ的には小豆は灰汁(アク)をとらず、差し水をしながら静かに
 煮るのが基本。
 差し水をすることで小豆が早くむらなく煮えます。

・できる限り旬のかぼちゃを使うことでかぼちゃ本来の甘みが出ておいしく
 仕上がる。

・利尿効果を期待する時は、小豆の煮汁を飲むと良い。
 小豆に火が通ったか通らないくらいで上澄みを飲む。

・お腹にたまるガスが気になる場合は、昆布を加えて豆を炊いたり、
 一晩豆を水に浸けておくことで、ガスを軽減できる。

・便秘、むくみ、腎臓が弱めの方にお勧めのメニュー。


かぼちゃは、実は私の大好物です。煮物もそのままのオーブン焼きも
かぼちゃコロッケも大好き。スイーツももちろん!

小豆も最近気になる食材のひとつです。
マクロビを意識し始める前から豆は積極的に取るようにしてました。
マクロビ関係なくmyレシピに追加ですね。
posted by megmama at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビ基本食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクロビ だしのとり方

2007年06月11日
キレイになる為に.:*・°☆ - livedoor Blog 共通テーマ

マクロビ だしのとり方

マクロビのだしのとり方の特徴は、かつお節やいりこなど
動物性のだしを使わずに、昆布と干ししいたけのだしを使う
ことです。

______________________________________________

【昆布だし】
汁物、スープ、一般の煮物、和え物に

-作り方(水出し法)-

1.水2カップに、さっと吹いた昆布(5cm×10cm位)を入れる

2.昆布がやわらかくなるまでおく
 (夏場は冷蔵庫に入れる、冬場は常温)


-作り方(煮出し法)-

1.水2カップとさっと吹いた昆布(5cm×10cm位)を鍋に入れる

2.鍋を火にかけ、弱火で煮る。

3.湯の色が変わったら、昆布を引き上げる。

 ※昆布は煮立てると臭みがでるので必ず弱火で!
______________________________________________


______________________________________________

【昆布としいたけだし】
すまし汁に。だしのうまみを効かせたい時にお勧め。

-作り方(水出し法)-

1.水2カップにさっと吹いた昆布(5cm×10cm位)、干ししいたけ2枚
 を入れる。

2.昆布としいたけがやわらかくなるまでおく
 (夏場は冷蔵庫に入れる、冬場は常温)


-作り方(煮だし法)-

1.水2カップ、さっと吹いた昆布(5cm×10cm位)、干ししいたけ2枚
 鍋に入れる

2.鍋を火にかけ、中火で煮る。

3.煮立つ寸前に昆布を引き上げる。

4.更に10分煮立て、しいたけを引き上げる。

 ※昆布は煮立てると臭みがでるので必ず弱火で!

______________________________________________


我が家でよく使うのは手抜きしいたけだし。

水出し法を参考に、1リットル位水が入る容器に水と
干ししいたけ4・5枚を入れて冷蔵庫に保管。
だしが必要なときにいるだけすぐに使えるので便利です。
1週間弱はもちます。
posted by megmama at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビ基本食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクロビ流みそ汁の作り方

2007年05月15日
キレイになる為に.:*・°☆ - livedoor Blog 共通テーマ

マクロビ流みそ汁の作り方

マクロビの特徴はだしに、かつお節やいりこなどの動物性食品を
使わないことです。昆布や干ししいたけ、わかめを利用します。
みそ汁は基本はわかめのだしがベースになります。

______________________________________________

【みそ汁(4人分)】

-作り方-

1.干しわかめ6〜8cmを水でもどして食べやすく切る。

2.1のわかめと水700ccを鍋に入れ火にかけ、人煮立ちさせる。

3.適当な大きさに切った好みの野菜をいれ、弱火〜中火で野菜が
 柔らかくなるまで煮る。

4.ごく弱火にし、煮汁で溶いたみそ小さじ6〜8を加えて3〜4分煮る。

5.仕上げに小口切りにしたねぎを散らして完成。

 ※みそを入れてからは煮立たせないこと!
______________________________________________


______________________________________________

【すまし汁(4人分)】

-作り方-

1.昆布だし、または昆布としいたけのだし700ccを煮立たせる。

2.好みの具をいれ、煮る。

3.弱火にし、しょうゆまたは塩で味付け。
 (好みでみりんを加えてもOK)

______________________________________________


わかめのだし、ってマクロビやって初めて知りました。

手抜きすまし汁で、乾燥わかめをだし汁にひたしておいて
おしょうゆをたらす、なんてやることがあるのですが、
だし汁がなくてお湯にしたときでも、わかめの塩分で結構
おいしくいただけました。

わかめからだしが出てるんですね。納得。
posted by megmama at 07:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビ基本食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。