マクロビ流 大根と豆腐どんぶり

2008年09月11日
マクロビ流 大根と豆腐どんぶり

マクロビ流 大根と豆腐どんぶり

大好きなizumimirunさんのレシピより。
大根と豆腐の炒めたの
少し前にアップされてずっと気になってたので作ってみました。

izumimirunさんの娘さんの定番で、何十回も作ったそうです。
あのizumimirunさんに「いつ作っても間違いなくおいしい」と
言わせるだなんて、食べてみたくなるのも当然でしょう。

ちょうど豆腐も大根もストックあったしね。
なんて、実は・・・
大根や人参などベーシックなものは有機野菜を扱う宅配で頼んでいる
のですが、1週間単位なんで在庫管理がうまくいかず、大根が余り気味
だったのデス。

いつものようにとっても簡単、でも、とってもおいしい!
我が家の定番になりそ〜な一品です。

今回はごはんに乗せてどんぶりにしました。

ではレシピ

____________________________

【材料】
豆腐 1/2丁
大根 5cm位
ごま油 適量
酒 大さじ2
醤油 大さじ1
ごはん どんぶりに適量


【作り方】

1.豆腐は軽く水切り、大根は好みの大きさの拍子切りにする。

2.フライパンにごま油を熱し、大根をしんなりするまで炒める

3.2に豆腐を手でちぎりながら入れて炒める

4.酒と醤油を入れて炒め、水分がとんだら完成
____________________________

めっちゃくちゃ簡単でしょ?

ちょうどこういう感じの豆腐が食べたかったのでナイスタイミング
でした。

食材や調味料はオリジナルとは若干異なります。
izumimirunさんは一味をかけてもおいしい!とおっしゃってました。
そうしたいところですが、授乳中なんで香辛料はしばし我慢!

この量だと普通の女の人のどんぶりにすると乗っけるほうが多い
かもしれません。私は大食いなんで、息子と二人で食べ切りましたが。

醤油の香ばしいかおりにつられて息子が「あじみしてあげる」
(「あげる」らしい)と。
あつあつの豆腐をふぅ〜ふぅ〜しながら渡してあげると
「おいしぃ!」でした。

ほっほっほ。

実はそうくると思ってました。で、その勢いで大根も食べてもらおう
という魂胆だったのですが。

いざ食べ始めると「大根いらな〜い」でした。
が〜ん。

ま、見た目に地味だし、まだまだおこちゃまには大人の味かしら?
それなら、と、ママがちゃっかり完食しちゃいました。

今日もおいしゅうございました。
posted by megmama at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクロビ流 キャベツ高野丼

2008年08月27日
マクロビ流 キャベツ高野丼

マクロビ流 キャベツ高野丼

マクロビオティックなものに限らず、なんだかお料理を作る気力が
わかなかった私。

実は久々のロングタイムでの過食症スパイラルにはまってます。

でも、先日のたわわパンさんとの出会い以来、なんとなく気持ちが
上昇気流にシフトしつつある感じ。
たわわさんから素敵なパワーをもらったかな。

たわわパンとの出会いのきっかけを下さったのが私が尊敬してやまない
とってもとっても素敵な女性、sammyさん。

sammyさんのブログでizumimirunさんのレシピを作ったと書いてあるのを
みて、久々にizumimirunさんのブログを訪問。

私も食べた〜い!とむくむくっとやる気が出てきちゃいました。

お三方に感謝ですぅ。

では、久々にizumimirunさんのレシピです。

____________________________

【材料】
キャベツ 2枚位
高野豆腐 1枚
ひじき(乾燥の状態で) 大さじ2
醤油 大さじ1
料理酒 大さじ1
白みそ 小さじ1
練り胡麻(白) 大さじ1/2

ごはん(玄米・分づき米・雑穀米など)


【作り方】
1.キャベツは一口サイズに切り、高野豆腐は戻して手でちぎる。
ひじきはさっと洗っておく。

2.ごはん以外のすべての材料を鍋に入れて、強火にし、湯気があがったら
弱火にして2分。全体をかき混ぜ、調味料を素材に馴染ませる。

3.再度、蓋をして15分ほど蒸し煮に。
キャベツが好みの柔らかさまで煮えたらごはんの上にかけて
できあがり。
____________________________

相変わらず、簡単でヘルシーでおいしい!
しかも、思い立ったら自宅にある材料ですぐに作れるところが
すばらしい。

で、実は練り胡麻(白)が在庫切れ、あるのは(黒)。
(黒)でもいいけど見た目がなぁ・・・。

こういうとき、邪道だと思いながらも、私はミルサーで炒りごまを
ガ〜〜〜っとやっちゃいます。
クリーム状にはならないんですが、コクはでます。
(すり鉢ですったほうがいいんかなぁ)

ということでレシピには練り胡麻とありますが、実際はミルサーで
粉状にした炒りごまを使いました。

加えて。
元のレシピでは醤油ではなく味噌を使っています。

練り胡麻のことに気を取られていて、レシピが味噌だったか醤油だったか
忘れてしまったのです。

なんとなくその時の気分で醤油かなぁと思い、でもちょっと白味噌の
味も加えたくなったので、後から追加。
izumimirunさんには申し訳ないほど適当な味付けです。

なので、お好みでいろいろ味付けを変更して下さい。

ひじきも、たっぷりの水に浸して戻す、となってましたが、私は
さっと洗って戻しはほとんどナシでやりました。

オリジナルレシピからかなり脱線してるような・・・。


今回はお兄ちゃんのどんぶりにと思って作ったのですが、さて反応は・・・。

高野豆腐大好きなので「キャベツ高野丼」とは言わず「高野豆腐の
どんぶり」と誘ってみたら大ノリ!

その勢いのまま、がっつり食べてくれました。
「おいし〜い!」とおかわりまで。

いやったぁぁぁぁ!!!

キャベツはあまり食べないお兄ちゃんですが、高野とひじきに気を
とられ、キャベツもむしゃむしゃ食べてました。

大成功。

ただ、今回はちと味付けが濃くなりすぎたので次回はもう少し
控え目にやってみます。
posted by megmama at 00:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクロビ流 梅シロップ

2008年06月20日
マクロビ流 梅シロップ

梅干しに続いて梅シロップを作りました。

今回も梅仕事はお兄ちゃんが奮闘。

2キロの梅、全てお兄ちゃんがへた取りをしてくれました。
前回もやっているのでなれた手つきです。

かなり荒っぽい子なんですが、「梅は丁寧に丁寧に。
投げちゃうと傷ついて梅シロップできないよ〜」と
教えてあげると、ちゃんとやさしく扱ってました。
感心、感心。

この梅シロップはお兄ちゃん用。
暑さでまいる夏場に梅のパワーで元気になってもらいたいのですが、
梅干はなかなか食べてくれません。
去年、助産師先生に教わって作ったところ好評だったので今年も
お兄ちゃんの梅は梅シロップに決まりです。

シンプルに水でうすめて梅ジュース、葛や寒天でかためて梅ゼリー
などなど。夏場に活躍してくれることでしょう。

去年はお試し程度に作ったのですが、今年は張り切って2キロ。
シロップはお兄ちゃん、梅は私の担当になりそうです。

では作り方。
といっても、去年とおんなじです。

____________________________

【材料】

梅(有機のもの) 2キロ
本みりん(福来純) 1000ml位
はちみつ 適量


【作り方】

0.梅シロップを入れる容器は熱湯消毒し、焼酎で清めておく

1.梅は洗って楊枝でへたをとり、水分をふき取っておく

3.容器に梅を入れ、梅の2/3の位置までみりんを入れる
 はちみつは梅の1/3の量を目安に入れる

4.1日に2・3回、梅全体にシロップがいきわたるよう容器を
 傾ける

5.浮いた梅がなくなればOK。そのまま冷暗所で保管
____________________________

梅ですが、竹串で穴をあけておいてもいいかも。
(今年は忘れました。)

ポイントはなんといっても《福来純のみりん》



これは本当においしいみりんです。

実家の母は酢の物に使ってます。

「砂糖がダメって言うからみりん使ってみたけど、やっぱりおいしくない」
と言っていた母がこの福来純を使ってみたところ
「これやったら全然違う。おいしいわ!」
と、それ以来、実家の酢の物は福来純のみりん、と決まってます。
(なんて贅沢な酢の物・・・)

お兄ちゃん、漬け込み作業も手伝ってくれましたよ。

今は台所の貯蔵庫で眠ってます。

夏が来たら大活躍間違いなしです。


【重要!追記】

すいません!!!コレ、お子様にはNGです。
みりん、ってアルコールですから。
どうも私が去年、助産師先生に聞いた時に勘違いしていたようで
みりん入りバージョンは大人用です。
お子様にははちみつONLYの梅シロップでお願いします。
もしくは煮切ってもいいかもしれません。

水でかなり薄めたとはいえ、去年、散々飲ませちゃいました。

でも・・・。
私が子供の頃っていわゆる「梅酒」って飲んでました。
おば〜ちゃんが漬けてくれたやつです。
「梅」が苦手であまり飲みませんでしたが、コレって明らかに
アルコール飲料。
「お酒は20歳を過ぎてから」に完全に違反してますね。
子供ごごろに「梅酒はお酒だけど子供もONなんだ」って勝手に
理解してました。
posted by megmama at 14:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。