マクロなバレンタインデー(もりのいえ&チョコトリュフ)

2010年02月14日
マクロなバレンタインデー(もりのいえ&チョコトリュフ)

もりのいえでバレンタインデー

マクロちっくにバレンタインデーを送ろうと・・・

今年はもりのいえさんのお菓子をセレクトしました!!!

(って、かなり自分用を意識してるアタクシ)

バレンタインセット、めっちゃ気になるでしょ〜。

かなり魅かれたんですが、家族全員favoriteな塩キャラメルくるみ
どうしても入れたくて、セットにせず単品でチョイスしてみました。


じゃじゃ〜ん。今年のバレンタインはこれに決定!

◆塩キャラメルくるみ
◆キャロブココナッツ
◆フルーツ&ナッツココアクッキー
◆ブラウニー
◆玄米あられ (マクロ姫用)

義理チョコの方々にはこちらを・・・

◆塩キャラメルくるみ
◆キャロブココナッツ

家族用にと思ってたフルーツ&ナッツココアクッキー
間違えて義理のほうにラッピングしてしまいました。
というわけで写真に載ってません。玄米あられは
マクロ姫が手を出してしまった後の残骸です・・・。

もりのいえのブログに素敵なお写真と一緒に商品の
説明も載ってるのでぜひご覧ください。


塩キャラメルくるみは文句なしでおいしいんですが、
バレンタインだからと選んだキャロブココナッツ、
思った以上にパパにもお兄ちゃんにも好評でした。
あらま、うれしい。

ブラウニーはノンマクロのスイーツに慣れている夫に
言わせると「甘さが足りない」そうです。でも私には
めっちゃくちゃおいしいぞ!「よかったらど〜ぞ」と
譲ってくれたものだから、ほいほいと飛びつきました♪

おいしい、おいしい。デーツの甘み、なにげに好み
だったりします。ナッツごろごろも私のハートをわし
ずかみぃ。

こういうの食べたかったのよね〜。ちょっとのつもりが
結局平らげちゃいました。(良い子は真似をしないで
下さい^_^;)

さすが、もりのいえのお菓子。家族全員ほっこり幸せな
ひとときを過ごすことができました。ありがとうござい
ます。

実はお世話になってる助産師さんにも塩キャラメルくるみ
を献上。ちょっと今いろいろと大変な案件をかかえて
いらっしゃるので陣中見舞いってことで。かなり疲労困憊
されてましたが、塩キャラメルくるみにはしっかり飛び
ついて下さいました。

この先生、すっごいんですよん。助産所で出されるお食事
はみなさん口を揃えておいしいと言います。「入院中の
食事がおいしかったからマクロ始めた」って方もたくさん。
ちなみに、マクロビレストランで出された玄米「レンジで
チンして出してた」と。な、なんでそんなことわかるんだ
・・・。(わからない私が味覚音痴なだけなのか・・・)

その先生をしてうならせる塩キャラメルくるみ。
恐るべし!

まだお試しじゃないみなさん、是非是非!
あ・・・でもまだかなり注文殺到状態のようですので
あまり一気に駆け込まないで下さいね〜。


ちなみに。試作してたチョコトリュフ、もりのいえのお菓子
とじゃ雲泥の差どころじゃないからやめようかとも思った
のですが、最後の悪あがきで作っちゃいました。

マクロビ流チョコトリュフ

パパにはノーマルにココアをまぶし、お兄ちゃんにはなにも
コーティングしないものと、きな粉との2バージョン準備。

試作はオリジナルレシピに従いレンジ使用でしたが今回はガス火
を使って練り上げました。ココアの代わりにキャロブパウダー
の予定だったんですが、間違えてココア入れてしまい後に戻れず。
残念・・・。

お兄ちゃんは前回に引き続きおいしい!って。ひゃっほ〜。

で、勇気をふりしぼってパパに感想を聞いたら「金出して
買おうとまでは思わんけどそれなりにおいしいよ」だって。

ひゃひゃひゃっほ〜〜〜い♪

パパは「体にええもん食べて長生きするくらいなら好きな
もん食べて早死にしたい」という肉肉星人+パンもスイーツ
めぐりも大好き人間です。私が作るマクロスイーツにはより
つきもしなかったのに。そのパパが3個全部食べたので、
あたくしは大満足です。

さて、来年は何を作ろうか・・・。お兄ちゃんが「くれる人
いるからもうええよ」と言ってくれる日まで母が愛情いっぱい
のバレンタインスイーツを贈りましょう♪
posted by megmama at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビおやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクロビ流 大学芋

2009年11月17日
マクロビ流 大学芋

マクロビ流 大学芋

マクロビ流の大学芋を作ってみました。

大好きなtenderさん(改めmihoみほさん)のブログ
マクロビオティックdeハッピーナチュラルで見かけてて
前からず〜っと気になってたのです。

大学芋っておいしいですよね。母がよく作ってくれていました。
もちろん甘みは白砂糖だったはずですが、そういう事はおいといて、
なつかしい、母の味のおやつです。

それをマクロビ流で、しかもとっても手軽に出来るとあって
さつま芋がある時に作ろう!と思っていたのです。が、なかなか
実行できず・・・。しかし、ついに作りました。

さつまいもを薄くひいた油で揚げ焼きし、米飴をうえからかけたら
蓋をして弱火で5〜10分蒸し焼き。最後に強火で焼きつけて完成。

詳しいレシピはmihoさんのブログを参照してくださいね。

私はオリジナルより油をかなり減らし、メープルシロップではなく
より体にやさしい米飴を使いました。

マクロBaby(もう2歳だけど)がたいそう気に入ってくれて
おかわりしましたよ。うれしい!

兄は保育所のおやつがおいもだったらしく続けてはいらないって
ことで味見もせず(^_^;)

とっても簡単でしかもおいしい!お勧めで〜す。

※マクロビ流といえども、油と砂糖。子どもが好む組み合わせ
ですので、取りすぎにはご注意くださいね。いくら体に優しいと
いえども取りすぎは体に負担になっちゃいます。
posted by megmama at 10:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビおやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

炒り玄米あられ 癖になるよ〜

2009年11月13日
炒り玄米あられ 癖になるよ〜

炒り玄米あられ

このところ手作りおやつを作る余裕もなく、玄米ぽんせん
ばかりあたえていた手抜き母です(^_^;)



これ、重宝しますよ〜。
お兄ちゃんなんて未だにこのぽんせん、おいしいって食べて
くれますし。出かけた時に「おなかすいた〜」と暴れだしたら
妹のおやつBAGから玄米ぽんせん出して渡してます。
食感とほどよい塩味がいいのかなぁ。

お湯をかければそくせき玄米がゆ(もどき)にもなりま〜す。

で、本題。

なにげにmixiをみてたんですよ。そしたらマクロビオティックの
コミュですご〜く盛り上がってるトピックがあったんです。

その話題が炒り玄米のおやつ。(私は勝手に炒り玄米のあられと
よんでます)

作り方はいたって簡単。洗ってしばらく浸水した玄米をなべで
炒る。味は塩・しょうゆなどお好みで。浸水時間や炒る時間も
みなさんそれぞれで、いろんなバージョンが書かれてました。

なにげに、不思議と、めちゃくちゃ、はまる味です(*^_^*)

浸水するのがうまく作るコツのようですが、私はうまく出来て
るのかどうかも分かりませんが、これはこれでよし!としてます。

子どもたちにも大人気!うれしい♪

小腹がすいたときのおやつにうってつけですよ〜。
ちなみにうちのミニラ及びミニラ2号はごはんにかけてふりかけ
としても食べてます。こっちのほうがお気に入りかな?

それと、米飴やメープルシロップなどを最後にからめて仕上げると
あまい系のおやつにもなりますね。

このところ子どもたちには玄米はきつすぎるのと噛む回数が少ない
から消化しずらいしのとで食べさせてなかったのですが、寒い季節
になってきたしこうやって玄米を食べてもらうのもいっかな〜と
思ってます。

玄米ならいつでも家にあるし、簡単だし、ちょっとした時間があれば
いつでも作れます。おすすめですよん。

※ちょっと焦がしたせいもあり、写真で見ると色味が悪いからあんまり
おいしそうに見えないなぁ〜。ショックぅ。
posted by megmama at 12:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビおやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。