産むからだつくろう♪ 〜夫婦で学ぶ カラダづくり・ココロづくり〜

2010年08月17日
久々の更新です。またしても・・・。

お友達のマルコさんからのイベント情報♪転載しま〜す。
お近くの方、是非どうぞ〜。

かくいう私も11月3日に行われるお産関係のイベントに
かかわらせて頂いています。これまでにないおっきな
視点でお産にかかわる方、これからお産を担う方などに
是非とも参加頂きたい内容になります。詳細また後日♪



「産むからだつくろう♪」
  
〜夫婦で学ぶ カラダづくり・ココロづくり〜

   日時:9月 26日 【日】
     13:00 受付 13;30〜17;00 講演&交流会
   場所:パンセ羽衣3F(南海本線羽衣駅 徒歩5分、JR東
羽衣駅 徒歩5分)


   講師:向井朋美助産師
      山口律子助産師

   参加費:無料 要予約
      
   内容:
      『1276座』人形劇.寸劇「いのちのお話」
       スライドショー 「誕生」
       助産師さんのトークライブ
       助産師さんと 車座交流会
       シェアリング(質疑応答)

産むからだつくりのためのおすすめ本、グッズ紹介ブースあり
ます☆
......・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・

 主催: 月のつぼみの会   
       
   お問い合わせ・予約
(人数に限りがありますので ご予約をお願いいたします。)
    
   高石市羽衣3−1−1 あひおひ内 「月のつぼみ」 
 
   電話・FAX;072−263−2700
   メール; tukino_tubomi@yahoo.co.jp

............・・・・・・・・・・・・・・・・

お二人の助産師さんをお招きして、
衣食住のお話しです☆
赤ちゃんが欲しいと思ってる方、
産むカラダ・ココロづくりはできてますか?
妊娠中の十月十日は 赤ちゃんにとって 母体がすべて。
あなたにしか 出来ないことがたくさんありますね☆


また、助産師さんって今どこで何してくれるの?って疑問あり
ませんか?
それとも、医者のいない「助産所は危ない」って思っているか
しら?!

お産は病気ではありません。
どこで産んでも あなたの産む力と 赤ちゃんの生まれる力が
どれだけ出し切れるか。
そして そのために何ができるのか。

奇跡の連続で生まれてくる小さないのちをどんな風に向かえま
しょうか。
いのち輝く自然なお産をするために あなた自身が出来ること
はなんでしょうか。

あなたらしいお産ができるように 
あなた自身がしっかりといのちと向き合うことが大切です。
そして、大切なことは、結果ではなく、向き合った分だけ子育
てへと繋がっていくこと。

病院や先生にお任せする出産ではなく、自分の力で生むお産を
目指しませんか?

この機会に、自然なお産のお手伝いをしてくれる助産師さんと
たっぷり触れ合ってくださいね☆
posted by megmama at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児の悩み・相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予防接種について考えよう

2008年11月06日
予防接種について考えよう

私が所属している育児サークルの中で予防接種に関する勉強会を
行うようになりました。
その活動の中で今回、「予防接種について考えよう」という講演会を
開催することになりましたのでご案内いたします。

私は予防接種については受けるつもりも、子供に受けさせるつもりも
ありません。でも、保育園に通わせていると色々とありまして・・・。
小学校に上がるとさらに色々あるという噂。それなりに悩んだりも
しています。

同じサークルの皆さんも全く受けない、一部受ける、迷っているなど
様々です。そこで自分達がどうするということは一旦胸にしまい、
予防接種とは何なのか?みんなで勉強し、知識を深めていこうという
ことになったのです。

予防接種となると医療に関することで人の生死にも関わってくる話題。
取り扱いには慎重を要すると思います。

私はみなさんに予防接種をしないほうがいいですよ、とか、やったほうが
いいですよ、と推奨するつもりは全くありません。

専門的な知識もほとんど無い状態で、これから勉強していくところです。
(ですので、予防接種についてのご質問やこの記事に関するご批判には
お答えいたしかねます。予めご了承下さい。)

ただ、何も知らずに「みんながやるから受ける」「予防接種は危ないって
聞いたから受けない」ではなく、自分達なりに知識を得て考え、その上で
判断したほうがいいんじゃないかな、と思っています。

今回の講演会が予防接種についてちゃんと向き合って考えるためのきっかけ
になってくれることを願います。

講師の林先生ですが、ワクチンについては一般的なお医者様とは少し
違った角度からの見解をお持ちなのだそうです。

以下、先生のクリニックのサイトからの引用です。

____________________________

●予防接種

「予防接種の効果と副作用を正確に調べて、本当にお子さんに利益に
なる予防接種だけを選んで実施します」

____________________________


予防接種について考えてみようかな、と思った方、是非是非講演会に
ご参加下さい。

以下ご案内になります。

*********************************************************************

予防接種について考えよう
日時: 2008年11月29日(土)14:00開場14:30〜16:30
場所: 生野区民センター 301号室
講師: 林 敬次 先生
はやし小児科院長、医療問題研究会代表

参加費:前売 1,000円、当日 1,200円

前売はメールにて
    名前、住所、電話番号、参加人数を明記の上
    minmin_hiromi@hotmail.comまでお申し込み下さい。

料金は講演会当日に会場受付でお支払い下さい。

なお、キャンセルされる場合は、お手数ですが、
    その旨をメールにてご連絡下さい。

定員: 70名(定員になり次第締め切ります)

主催: ゆりね、月のつぼみの会

お問い合わせは、072-263-2700あひおひまで

託児はありませんが、お子さん連れで、ご入場いただけます。

会場内では周りの方にご配慮をお願いします。

*********************************************************************




posted by megmama at 13:26 | Comment(8) | TrackBack(0) | 育児の悩み・相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもを叱る、怒る

2007年05月06日
子どもを叱る、怒る

子供を叱る、怒る、育児の永遠のテーマです。

私が最近はまっている育児系のメルマガです。
育児でお悩みのみなさん、目からウロコの情報たっぷっりでお勧めです。
____________________________
幸せなお母さんになる為の子育て
人材育成のスペシャリストが20年掛けて、自分の子供で実証した
子育て法。どうやって育てたの?うらやましい!と言われ続け、
担任の先生にまで聞かれた『子供の“能力を開花させる”秘密の方法』
をあなただけに。

あべまゆみ流・子どもが育つ叱り方
乱万丈な人生を歩いてきた5児の母が、実体験から子育てをコーチング。
褒めるのは誰にでもできます。でも、叱れるのは親のあなたにしか
できません。叱ると言いながらあなたは怒っていませんか?
さぁ、肩の力を抜いて育児しましょ。大丈夫ですよ。
____________________________

私は短気ですぐに怒ってしまいます。それも日常のちょっとしたことに対して。
子どもに対してもやっぱり怒ってます。
育児書を読むとどれを読んでも怒るのはよくないと書いてますよね。

夫は逆に些細なことには特に口出ししないタイプ。特に子どもに
関しては。そして腹がたってもその場では怒らないよう心がけて
るそうです。
かといって温厚なタイプではないですよ。至って短気です。(笑)

最近、自分でもよく子どもに対して「怒る」なぁと思っています。
特に出勤前朝の忙しい時間帯。時間がなくなってくると特にですね。
子供が寝坊し、更に食事にやたらと時間がかかる。その他にも何かに
つけて子どもが手のかかることをする、最悪のパターン。
ついつい「いい加減にしなさい。早くしなさい。何回言わせるの」
となります。

怒り始めると次第にエスカレートして段々ブレーキが効かなくなって
くるんですね。感情に任せて怒ってしまいます。
これは本当に反省すべき点です。

先日も些細な出来事がきっかけで子供に大きな声を出して怒って
しまいました。夕食の片付け・洗濯etcやるべきことがたくさん
控えていて余裕がなかったんでしょうね。ついイライラ。
夫に「子供相手に。むきになってもしょうがない。」と言われて
ようやく我に返りました。

その前も夫に
「子どもに大きな声で怒らんほうがええよ。怒られる事に慣れて
しまってホンマに怒らなアカン時にきかんようになる」
といわれたばかり。

ふりかえれば、朝も夜もバタバタの中、よく怒ってます。
子供がいたずらしたり、言うことを聞かなかったり。結局、
自分の思い通りに事がすすまない事にイラついてると気づきます。

言うことを聞かせようと思うからダメなんでしょうね。
子供がどうしてそれをやろうとしているのか、なぜそういう行動を
とったのかを考えるべきですね。失敗したら怒るのは仕方ないとして、
頭ごなしに怒るのではなく、何がいけなかったのか必ず説明する。
そうすることで次に同じ過ちをしないようにインプットしてあげる。

今回の反省を生かして・・・

・まず、大きな声で怒るのをやめる。
・子供がどうしたいのかを考える。
・子供を信用する。(今できなくても、言う事聞かなくてもいつか
 分かってくれると思って接する)

を、心がけたいと思います。
育児って本当に難しい。まさに育自ですね。
posted by megmama at 06:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児の悩み・相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。