給食に関する要望(卵編)

2007年04月06日
給食に関する要望(卵編)

子供の保育園の個人懇談でした。
本来は入園式の後に予定されているものですが、私がインフルエンザ
だったため、延期になっていました。

恐らく他の方は自己紹介や子供の性格・特徴、園での決まりごとなど
を簡単にお話して終わったのでしょうが、うちはとにかく給食に関して
色々と問題があったので、ほとんど保育園の給食ネタになりました。

今までの園が給食にこだわりを持ち、子供ごとにこまかな配慮をして
くれていただけに、余計に新しい園の対応に不満が・・・。

子供は、軽度の卵アレルギーがあります。
今回の検査では数値的には0となったので、対応が余計にややこしい
ことになります。

前の園では生はダメ、ケーキやクッキーなど卵の量が多いものも避け、
卵スープ・卵とじなど卵そのものが入っている場合はその日の体調を
みて調整するという形式でした。

恐らく卵を解除しても何も起こらないのでしょうが、新しい園でいきなり
というのはかなり不安があり、同じ対応をしていただけるよう交渉。

しかし、公立だからか「医師の指示書が必要。なにが食べられてなにが
食べられないのか記載してもらってください」と。それがなければ
対応できないという回答でした。

数値が0なので先生としても書きにくいはずですが、小児科の先生が
とても理解のある方で、こちらの希望に沿った指示書を作成してくれ
ました。

まずマヨネーズは除去ということで問題なし。

次に卵とじや卵スープ。
新しい園はO157以来、加熱には特に気を配っているということだったので
解除でいいかとも思ったものの、一体どれくらいの量なのか不明。

当初、先生から「卵の量を半分とかに減らしましょうか」と申し出て
くれ、そんなこと出来るの?とびっくりしました。
しかし懇談の時になると、給食室から「1日何グラムまで可能か」
という質問。何グラムって・・・。
先生から言われて簡単にできることなのだと思っていたけれど
大げさな話に発展してて、再度びっくりしました。
そんなに面倒をかけるのであれば解除で結構です、ということにしました。


ただし、親子丼などあきらかに卵メインという日は卵の量を半分位に
減らしてもらうことに。これは半分ですんなりOKがでたので、疑問符
ではあります。

しかし、献立をみるとやたらと卵料理が多い。卵とじ、たまごスープ、
卵を使ったどんぶりもの。親子丼の日におやつがホットケーキという
のにもびっくり。
恐らく有精卵や放し飼いの鶏からとったものではないでしょうから、
良質の卵ではないと思います。そんなもの多用する必要ないのに・・・。
これじゃあ、アレルギーじゃない子にも多すぎるというのが私の
率直な感想です。

子供って卵好きだし、卵を入れると見た目にも少し派手になります
からね。私はマクロビを始める前は、「手抜き」として卵を使って
いたので、もしかして「手抜き」なの?と変な感ぐりをしてしまい
ました。
posted by megmama at 15:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 給食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。