お兄ちゃんから らぶれた〜 (幸輝先生からの学び)

2013年12月12日
ミニラ1号、あらため、お兄ちゃん

から、”らぶれた〜”を頂きました。

らぶれた〜

「ママへ
さっきはありがとう
アイラブユー
テンキュー

●●より
●●●●アイラブユウ」


ひゃっほ〜〜〜(^O^)/

このところ、「いい感じ♪」が増えてきたお兄ちゃんですが、
今回の一件は、その前日に受けた幸輝先生の育児講座
からの学びが大きく影響してるなぁと感じました。

って、どおいうこと?でしょ(笑)

幸輝先生は陰陽師の末裔の占導師です。
占い師と何がちゃうの?というあたりは幸輝先生のサイトを見て
頂ければいんですが、「当たる占い師ではなく、導く占い師」という
ことです。占いの結果を伝えるだけじゃなくて、じゃあどうすれば
その人にとってよりよくなるのか?という観点から助言頂ける、と。
だから”導”って字が使われてるんですね♪

普段の私なら恐らくご縁がなかったと思われるのですが(私の性格
ご存知の方ならわかる?(笑))、今回は大好きなSAIKOさんから
「めっちゃお勧め!」と紹介されたため、参加を決意しました。

正直、最初は少しだけバリアをはってたと思うのですが、話が進むに
つれて、どんどんとその内容に引き込まれていきました。

内容が子育てに関するものだったから、というのは大きいのですが、
「それ、いたただき!」「ほおお!!!」「なるほど〜」がたくさんあり
ましたよ。

「子どもが反抗期を迎えたら子育ては成功!」だなんて、目から鱗
でしょ? なんで?ってところも説明してくれて、「はぁぁぁぁ。」と納得。

たくさんお宝な言葉を頂けた講座となりました。



で、ですね。翌日に事件が発生しまして。

仕事中にお兄ちゃんから塾のカードが無い、と電話が。

「自分で探せ〜〜〜!」「そんな事で電話してくんな〜〜〜!」な
鬼母になりかけたのですが、その時ふと前日の幸輝先生の講座が
頭に思い浮かび・・・

********************
「男性とか男の子って『何回やれば気が済むの!』『なんで忘れるの!』
ってこと多くありません?それって当たり前なんです。」

「だって・・・たりないからなんです。」

注)↑ココだけ切り取って考えないでね。後でちゃんと説明しますんで!
ついでに言うと、幸輝先生の言葉はこんな感じ、って事で一言一句
同じ、ではありません。あしからず。
********************

そうだ、そうだ、足りないんだ!と思い直し、息子と電話で話しながら
一緒に塾のカード探し。いつもならバトルになるところですが、思い直し
たところから私の声のトーンが落ち着き、時間経過と共にカードの
居場所をさぐっていく、というちょっと理論的な行動を息子と共有。

「あった!」

と、電話の向こうから息子の声!「やったぁ!よかったね♪」と母。
「ホンマありがとう。いってくるわ!」と更に元気な声を聞かせてくれ
ました。

母、嬉しい

で、帰宅後、ふとPC前をみると目にはいったのが最初に写メを載せた
お兄ちゃんからのらぶれた〜だった
というわけです。(単なるお礼状とも言う(爆))

やられちゃいました。

母、感激

起こっている事は何もかわっていないのに、私の捉え方がちょっと変わった
だけで、これだけ変わるんだなぁ。ついでにいい事も起こっちゃうし♪

幸輝先生のお宝言葉、子どもたちとの生活の中に活かしてゆきたいなと
思っています。

あ・・・そうそう。「たりない」の説明忘れてたので・・・
コレ、おもしろいよ

染色体からひもとく、男性は「たりない」←私が勝手につけたタイトル

染色体

女性の染色体は「XX」
男性の染色体は「XY」

このY染色体ってのが「男性」の決め手になるんですが、「Y」の字をよく
見て!

「X」の右下の部分を削っていくと・・・「Y」になる。

つまり「Y」は「X」に対して右下部分が「たりない」のです。

何度も同じ失態をやらかしたり、忘れ物が多かったりするのも、
染色体からそうなってんだから、仕方ないよ〜。

と、いうことらしいです。

(本当はもっと細かく説明してくれたんですが、ココでは、はしょります)

「たりないんだから仕方ない」と思うと、子どもの”なんでそうなんねん!”な
行動にも余裕を持った対応ができたりします。

誤解しないで欲しいのですが、男性を見下しているというわけではない
です。それだけで、一人の人間としてたりてない、というわけでもないんです。

言葉で書くと難しいけれど・・・考え方のひとつ、出来事の捉え方のひとつ
として、ん〜・・・そうだなぁ、手法のひとつとして頭の片隅においておくと
効果的なんじゃないかな、と思います。

まぁ、なんしか、らぶれた〜がうれしかった、ってことで♪
posted by megmama at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。