食養生 肺炎偏

2010年09月10日
食養生 肺炎偏

肺炎、ほぼ全快でございます。
ありえないほど減退していた食欲。これも復活。
しなくてい〜のに・・・。
大食いmegmama返り咲きです。

体調不良時はこれが私?と自分自身で信じられないほど
食欲不振。固形物なんてもうとんでもない!という状態
でした。

食べられたのはリンゴジュース、りんごゼリー位。
あとはマクロビの食養として梅醤とかれんこん湯とか
梅エキスとか玄米クリームとか。

そんな中、友人のメールに「体が弱ってる時は、気も
弱ってるのよ」という言葉があったのを見てピン!と。

かなりご無沙汰している整体の先生にヘルプメールを
出しました。そしたら即お返事。体を見てないから分から
ないけれど、としながらも、これまで診て頂いていた私の
状況から色々推測して食養生のアドバイスを頂きました。

※この先生はマクロビもやっていますがその他様々な
健康法を試され、自らの体験をもって独自の整体法や
食養生を確立されている方なんです。なので、お肉も
骨格形成のために必要という考えをお持ちです。

で、実践した内容。

まずは玄米・根菜や梅醤の陽性系はストップ(蓮根湯はOK)

代わりに逆のニラなどの青野菜や紫の野菜。特になすびの
皮には解毒作用があるので焼きナスで皮ごと。

・肺炎で水毒停滞という印象から↓

 利尿として 小豆、うり系(きゅうりなど)
       すいか(常温)で水分摂取

・痰は酸化した油(アイスなど)の過剰摂取が原因なので↓

 玉ねぎを飴色に炒めたもの、ガーリック、きのこ類(マッシュ
 ルームなど)、酢の物

・リンパ流通として↓
 オイスター系調味料、ホタテ (亜鉛を含むもの)

・細胞膜の詰まりに対して↓
 
 湯葉、きな粉、高野豆腐、おから

・代謝上げとして↓

 麦系

・発熱が落ち着いたら↓

 生姜・ワサビを生で薬味として青魚


「玉ねぎ飴色に炒める?」「いらん!!!」と思ったのですが
「オニオンスープは?」と言われ、それなら食べられるかな、
と、せっせとオニオンスープ作ってました。(といっても
玉ねぎときのこをノンオイルで炒めて少量の塩で味付けした
だけの簡単スープですけど。しんどいのでこれが限界。)

たまねぎ・きのこ・高野豆腐など、食べられそうなものを
食べられる時に食べられる量だけ頂いてました。


結局食欲不振は2週間ほど続き、徐々に回復したものの、
なかなかご飯は入らず、でした。お陰でかなりいろんな
ところがすっきりしましたが。

今までため込んだ余分なものを一気にリセット、ついでに
ダイエット♪なんて喜んでましたが、予想通りそんな
パラダイスはいつまでも続く訳もなく。しっかり大食い
さんに戻っています。

でも、穀類を取り過ぎると私の場合は骨格形成上、よろしく
ないようで、ゆくゆくまた体調を崩す原因になるそうで。
今後は今までより控えめでいきたいとは思ってます。
(マクロビでは穀類はしっかり取ります。それを否定する意味
ではないですよ〜。私の場合は過剰すぎたということです。)



マクロビでの食養指導とは異なる点もあるので記事にしようか
どうしようかと考えたのですが、自分のメモ代わりも兼ねて
投稿することにしました。
posted by megmama at 12:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | お手当て法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変でしたね。

よい整体の先生がいてくださってよかったですね。

毒素はかなり出たようですが、秋口ですので
お体ご自愛くださいね。
Posted by サニー at 2010年09月14日 12:17
> サニーさん

コメントありがとうございます。
Livedoorがなんだか調子悪くてしばらくコメント表示できなかったようです。
失礼しました。

病気の後は回復期が大切なんですよね。
分かっていながら、ついつい・・・反省です。

そうそう。

11/3にお産関係のイベントやります。
奥谷まゆみさんの講演もありますよ〜。
http://inochitumugu.blog96.fc2.com/blog-entry-7.html
Posted by megmama at 2010年09月14日 14:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。