マクロビ妊婦の出産日記3

2007年10月12日
子育て - livedoor Blog 共通テーマ

マクロビ妊婦の出産日記3

う、産まれた・・・。

出たと思った瞬間、ふ〜っと力が抜ける感じがしました。
(もっと前に力を抜けたらよかったんだけどねぇ・・・)

二人目だしそんなに感激はないかなと思っていたけれど、やっぱり
嬉しいものは嬉しいし、「感動」という言葉がぴったりくる感情に
ひたりました。うるうる・・・。

助産院では産まれてすぐ、へその緒がついた状態でママがBabyを
抱っこさせてくれます。お兄ちゃんのときは洗ったり計測したり
したあとにようやくだったけれど、今回はまさに産まれてすぐ、です。

久々にふれる新生児は思った以上に小さくってかわいらしくって
愛しい!早くこっちへ来てとばかりに抱き寄せると・・・

「そんなにひっぱったらいかん。へその緒がついとるけん」
と真鍋さんのお言葉。おっと、そうだった。
まれにへその緒が長くてお母さんの胸元まで赤ちゃんを抱き寄せられる
人もいるそうですが、通常はおなかの上あたりまでだそうです。
(急にひっぱったりしないように気をつけましょうね。)

ちなみに、会陰切開しなければ出血が少なく、Babyが血まみれになる
ことはないようです。病院だと切開した部分からの出血もあるので
どうしても血がたくさんついてしまうようですね。だから先に洗うの
かしら?

そして、これまた産婦人科ではできなかった、産まれてすぐの授乳。
ふがふが言っているBabyを山本さんとうちの母親がささえて私の
おっぱいにもってきてくれました。が、なかなか吸えず。
どうも羊水を飲んでいたらしく、おっぱいを吸うどころじゃなかった
らしいです。ごめんよぉ。

そしてそして、本日のメインイベント!?へその緒の切断です。

あ・・・。忘れてたけど、そういえばパパが結局間に合わなかった。

なんて思ってたら枕元においてあった携帯に着信。出てみるとパパでした。
「近くまで来てんねんけど、どこかわからん」だって。

・・・。

ナビに入れてあるから大丈夫って言うてたやん。なにやってんねん!
確かに思った以上に早く産まれてきたけれど、あと30〜40分って電話
あってからもう1時間近くなるで。ほんまに、もぉっ!

実はおにいちゃんのときも、近くまで来ていたにもかかわらず出産の
その時には立ち会えなかったのです。誰もそんなに早く産まれるとは
思っておらず、まだやろと思った夫は近くのうどん屋で久々の讃岐うどん
を堪能していたらしいです。今回も予想外に早く産まれたんだけど、
それにしても。結局、迷いに迷い、何度も電話でのやりとりをし、
産後の感動もすっかり落ち着いた頃に夫は到着することになったのでした。

(だから、メールで詳しく説明しといたやんかぁ!
ナビがあるから大丈夫って、あんた、私のメール見てないやろ!)
皆さんも、ナビに頼り切るのはほどほどにしましょうね。

って、気づいた時には母親がへその緒を切っていた模様です。
なんてことっ!

真鍋さん、山本さんが手際よく片付け、身の回りの準備をしてくれて
いる間、私は布団に横たわり、産後の余韻にひたってました。
なんだかすっごい達成感に満たされてました。

ちょっと興味があったのでBabyについで私の体内から排出された
胎盤などを見せてもらいました。う・・・さすがにグロい。
最近、コレを食べるのが一部でブーム?だとか。子宮収縮を早める
か何かの効果があるそうです。でも、アタクシはご遠慮いたします。

Babyが計測にいっている間に道に迷っていた夫がようやく到着。
別室でじ〜じと遊んでいたおにいちゃんもお部屋に来ました。

夫は「えらい、早かったなぁ」とひとこと。
(う〜ん・・・。それでも道に迷わなければ間に合ってたぞ)
Babyをまじまじと見つめて「お兄ちゃんにそっくり」とにこにこ
してました。うちの母親は夫にそっくりって言ってました。
女の子なんだけどね。

結局、助産院についてから1時間半ほどで出産。
助産師さんには「きれいなお産でした」と言われました。
(出血とか少なかったって意味だと思います)

予定していた夫と子供の立会いはなりませんでしたが、とても満足できる
お産だったと思います。お世話になった助産師さんに感謝です。

「助産院での出産っていいわぁ」これが私の素直な感想。
書けばいろいろあるけれど、このひとことに集約されると思います。

その夜は夫と子供が同じ部屋に宿泊。
私とBaby、夫とおにいちゃんというペアで2組のお布団に横になりました。

新しい家族が一人増えて、一家四人。
月並みな言葉だけど、四人仲良く幸せに暮らしていきたいなぁ、って
思いました。
posted by megmama at 12:31 | Comment(7) | TrackBack(0) | 妊婦日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
megmamaさん、こんにちは♪
1.2.3とじっくり読ませていただきました。
読んでいると助産院のあったかい雰囲気が伝わってくる感じがしましたよ。
助産師さん、頼もしいですね。
出産は痛いものだけれど、感動いっぱいですよね。
私も次機会があれば助産院で出産という選択も考えたいなと思いました。
Posted by happy at 2007年10月12日 14:03
なんか、じ〜んとしちゃいました。
megmamaさんのなにわの突っ込みぶりのおかげで、踏みとどまったって感じです(笑)。

「きれいなお産」・・・・本当におめでとう。
素敵な表現で、助産師さんならではの言葉ですね。落ち着かれたら、また赤ちゃん見せにきてくださいね。
Posted by たま at 2007年10月12日 22:29
100%満足ではないけれど

でも、精一杯頑張った心に残るお産。

そういうお産をしてもらいたいな〜って

クラスを教えながら思っています。

megmamaさんの嬉しい気持ちが伝わってきます。

これから家族4人。

楽しい毎日が待ってますね。

改めて、無事に出産、おめでとうございます。

来年、日本に帰ったら赤ちゃん抱っこさせてくださいね。
Posted by サニー at 2007年10月13日 00:04
> happyさん

こんにちわ♪
過去のできごとを思い出しながら書いた記事ですが、ついついいろんなことを書きすぎてしまって。相変わらずまとまりのある文章というのが苦手です。

ぼっこ助産院の助産師さん、特に真鍋さん、山本さんは助産師暦ン十年という超ベテランです。人間的にも尊敬できます。

正常妊娠であれば助産院での出産、おすすめですよ。ぜひぜひご検討くださ〜い。(まわしものではありません。(笑))
Posted by megmama at 2007年10月14日 16:53
> たま先生

お忙しいのにコメントありがとうございます。無何有庵のブログ、見てます。でもなかなかコメントできなくって、すいません。

まだブログに書きこんでないですが、高松に戻ってきて無何有庵さんのたま先生のもとでマクロビオティックを学ばせていただいたことは、今回の出産に大きく影響していると思います。おっぱいも、たま先生に頂いた鯉こくのおかげでしっかり出てます!予定日に食べた飯’Zのおむすびもよかったのかなぁ、なんて思ってます。

お料理教室はなかなか難しいかなと思っていますが機会があれば大阪に戻る前にぜひ。教室に参加できなくても必ずお伺いするようにします。うちの子たちにたま先生のパワーを与えてやってくださいね。
Posted by megmama at 2007年10月14日 16:57
出産日記、じっくり拝見致しました!
二度目の出産と言っても、やっぱり色々大変なんだな〜とつくづく思い、そして私も二人目が欲しいと切に思いました(笑)。旦那さんは立ち会えなかったけど、満足度の高いお産が出来たのは財産ですね☆
四人家族…家族の数が増えるってステキですね。
Posted by つづこ at 2007年10月15日 09:25
> つづこさん

コメントありがとうございます。出産日記はだらだらと書きつづっているので、「じっくり拝見」って言われるとなんだかどきどきしてしまいます。

上の子のときは何がなんだかよく分からないうちに怒涛のごとく過ぎ去った入院生活でしたが(実際、いろんなスケジュールに追い立てられてました)今回はゆったり、のんびり、とっても満足のいく出産および入院生活でした。

またつづこさんのブログにもお邪魔しますね。つづこさんとはなぜか不思議にシンクロするところが多くて・・・。ブログの内容もとても濃いのですごく勉強になります。
Posted by megmama at 2007年10月16日 12:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406347724

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。