マタニティヨガ Babyが産道を通る時のお話

2007年09月19日
子育て - livedoor Blog 共通テーマ

マタニティヨガに行ってきました。
実家に戻ってから通い始めたマタニティヨガ。これで3回目です。
予定日前日ですが、先生に聞いたところ「むしろ積極的に参加したほうがいい」
ということだったので、気にせず参加。
なんせ、通っているぼっこ助産院のある施設の2階ですから、急に産気づいた
としても安心です。ちなみにマタニティヨガの先生もみなさん助産師さんです。

今回はいつものヨガに入る前に、おなかの中にいるBabyがどうやって
産道を通って外界に出てくるかというお話をしてくださいました。

この手の話、ネットで見たことはあったのですがイマイチ理解しにくい。
今回は、Babyがおなかにいる状態の絵を書いたエプロンを先生が身に
まとってみたり、実物大のBabyの人形と背骨から骨盤までの骨の模型を
使って目でみながら説明を受けたので非常に分かりやすかったです。

百聞は一見に如かずとはまさにこのことですね。

子供が生まれるって、子宮の中から膣を経由して出てくるだけと思って
いましたが、そうそう単純なものじゃないんです。骨盤付近にはいろんな
骨があって、産道もその場所ごとに形状が異なります。横に広い所もあれば
縦に広いところもあり、障害物となる骨が出ている部分もある。
それを上手に体を使ってBabyたちは生まれてくるのだそうです。

誰が教えたわけでもなく、自然とインプットされているとか。
生命の神秘ですね。すばらしい。

通常、Babyは頭を下にしてお母さんのおなかのなかにいます。
「いざ出陣!」となったらまず、お母さんのおなか・背中部分にBabyの
両耳がくる方向に向いておりてきます。お母さんからするとBabyは横向き
という感じかな。

これは、骨盤が横に長い部分なので、Babyの頭もそれに合わせた方向
ということになります。
頭を上からみると、耳から耳の横幅とおでこから後頭部の縦幅だと
横幅のほうが狭いでしょ?狭いほうを狭い所にあわせてるということです。

次は尾てい骨部分。この骨が障害物になるのでなるべく頭の径が短く
なるよう、まずあごをひきます。そしてBabyの顔がお母さんの背中側に
向くように90度回転します。あごをひいた状態で尾てい骨部分をクリア。

この際、逆にBabyの顔がお母さんのおなか側に回転してしまうことを
回旋異常といい、こうなると分娩が非常に困難になってしまうため、
帝王切開になってしまうそうです。

そういう時は四つんばいになって腰を左右にゆっくり動かすといいそうです。
そうすることで、いったんBabyを子宮内方向にもどし、方向変換しやすく
することができるということです。おおお!あの運動にはそういう意味が
あったのね!

最後は頭を180度回転させ、ちょうど出口のところでお母さんとBabyが顔を
見合わせられるような状態になります。手は胸の前において片方の肩から
順番に出てきます。ばんざいしちゃうと詰まりますからね。

う〜ん、こうやって書くとなんだかよく分かりませんね。
でも、本当に目で見て理解できて良かったと思います。
妊婦さんにはどんな形でもいいので、一度目で確認できる形でBabyが
生まれてくる道順を知って欲しいなと思いました。

これを理解できただけでもすごくありがたいのですが、更にマタニティヨガで
どの運動がどう作用するか、ということにも結びつけて説明してくれたのが
良かったですね。

Babyができるだけスムーズに産道を通れるようにしてあげるためには
やはり産道が少しでも広くなるほうがいいですね。

ポイントとしては足を開くこと。
こうすることで骨が広がりその部分の産道が横に広くなります。

もうひとつは背中から尾てい骨にかけてのカーブをアルファベットの「C」
のような状態にすること。四つんばいになっておなかをみる体勢ですね。
逆に背中をそると産道部分が狭くなってしまうそうです。

助産院だとフリースタイルでの出産が許可されていると思いますが、
病院だと例の分娩台の上で貼り付け状態が普通ですよね?いきみすぎて
背中をそるのではなく、おなかをみるようにしてなるべく背骨を「C」の
状態にするといいそうですよ。

なんて言われてもたぶんその時はパニックになってるはず。
そしていきなりできることでもありません。

だから、普段からマタニティヨガを通して自然に足が開いたり、腰のカーブが
「C」の形になるような運動をしているのです。

それと大切なのはリラックスすること。
ヨガでは深く、体の内側にコンタクトするような呼吸法を行います。
パニックになるとどうしても体が緊張してしまい硬くなります。
Babyもそれでは苦しい。
だから、深く息を吸って・吐いてを繰り返すことでリラックス状態にもって
いくことが大切。ヨガを通して体得します。

予定日前日の私にとってものすごくタイミングのいい、もってこいの内容でした。
参加してよかったです。

ちなみに予定日は20日。
上の子供の参観があるのでその日までは「出てこないでね」と言い聞かせて
ます。まだ出てくる気配はありません。
posted by megmama at 23:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | マタニティヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
megmamaさん、こんにちは♪
お兄ちゃんの参観日は無事行けましたか?
赤ちゃん、きっと願いを聞いてくれたんじゃないかなと想像してます^^

赤ちゃんは出産の時うまく向きを変えながら下りてくるとは聞きますが、
実際に目で見て説明を受けると分かりやすいですよね。
ぼっこ助産院、ますます要チェックです☆

↓の豆腐でチーズは、興味はありつつも
「豆腐とチーズはやっぱり別物」と思ってました(笑)
チーズ好きなので、似てるものを作れるならやってみる価値ありかな・・・
Posted by happy at 2007年09月21日 15:23
> happyさん

コメントありがとうございます。
おかげさまで参観は最後まで普通に参加、帰り道は散歩を兼ねて遠回りして帰りました。

今日は予定日翌日ですが、まったく兆候なし。上の子は「出てこないでね」と言った翌日に産まれましたが、今度の子はのんびりさんのようです(笑)

豆腐チーズですが、本格的なチーズを想像して食べるとNGかも・・・。あくまでも代替品だと思って食べると意外といける!です。といっても私はかなり貧弱な舌をしてますんで。味噌のブレンド具合ではいいところまでいけるかもしれません。少量で一度お試しください。
Posted by megmama at 2007年09月21日 17:44
お兄ちゃんの参観に行けたんだね。
もうお産かな?と思っていたら、ブログが更新されていたのでビックリ。

マタニティヨガやっていたら、お産がすごく楽だって聞いたよ。元々身体が柔らかいだろうから、なおさらうまくいくんじゃないかな。

いいお産ができますように!!
Posted by akemi at 2007年09月22日 12:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406347716

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。