牛乳の弊害

2007年07月09日
子育て - livedoor Blog 共通テーマ

牛乳の弊害

「牛乳が体に悪い」という言葉、最近時々耳にするようになりましたね。

うちの子供は、今の保育所に移ってからは牛乳をお断りしています。
公立保育所のため、最初はかなり手間取りました。
「アレルギーですか?医者の指示書が必要。他の子と違うということに
なるとかわいそう」なんて、言われてました。

結局、「アレルギー値は出てないものの、アレルギー体質なので、牛乳は
保護者との話し合いによって決めること」というかかりつけ医の指示書
がきいて、なんとか牛乳拒否にこぎつけました。(とっても話の分かる
先生で、ご自身が牛乳否定派ではないものの、こちらの意思を尊重して
指示書を作成して下さいました。ありがとうございました。)

その際、少しでも保育所の先生に理解してもらいたいという一心で
作成した添付文章が出てきました。

牛乳については色々書きたいなと思っていたので、ひとまずその文章を
こちらに掲載しておきます。

尚、牛乳は今、牛乳派否定派と肯定派でかなりの論争になっているよう
です。私は牛乳否定派に類すると思いますが、牛乳が絶対ダメという
わけではなく、世間で言うほど優れた食品ではない、一嗜好品として
摂取するのは個人の自由という考え方です。

専門家でも牛乳否定推進家でもないので、専門的なご批判を頂いても
お答えいたしかねますのでご了承下さい。

では、以下その文章です。

____________________________

***保育所
ご担当者様


このたびは、私どもの子供のために給食及び牛乳の摂取方法に関し
色々とご配慮頂きありがとうございます。

牛乳に関してですが、アレルギー検査は陰性となっていますが
子供自身がアレルギー体質であることをかんがみて、医師の勧めに
従い、牛乳については摂取なしということでお願いしたく存じます。

家族で話をした結果、しばらくの間は牛乳は飲ませず、今後子供が
どうしても飲みたいと言い出したり(他の子と違うことに大きな
違和感を抱くなど)、その時点でアレルギーに関して問題がないと
判断された場合は、また対応を考えたいという意向です。

子供は前の園では牛乳は回数を減らして飲んでいました。
その時点では牛乳の弊害についてここまで知識がなかったもので
きちんと説明できていなかったのですが、今回改めて子供に説明
しました。アレルギー体質だから牛乳を飲むと体のどこかが悪く
なるかもしれないという話をしたところ今の時点では納得して
くれています。

 尚、今回のお願いに関しては全て私の責任においてということで、
園側に対して後日何か責任を求める事は一切しないことを申し添えます。

さて、以下ですが、牛乳の害として一般的に言われていることを
列挙してみました。ご存知の点もあるかと思いますが、ご参考まで。

・牛乳は牛の子供が飲むものであって人間の子供が飲むものではない。

・もともと日本人は牛乳を飲んでいなかった。
 戦後、アメリカによって無理やり持ち込まれ、学校給食で強制的に
 飲まされるようになったものである。

・牛乳に含まれるたんぱく質(カゼイン)は粘着物質で花粉症や
 鼻炎などの アレルギーをひきおこす。

・日本人には牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素が少ない。
 「乳糖不耐症」

・牛乳に含まれるカルシウムは体内にあるカルシウムを排出させる
 働きが あり、飲めば飲むほどカルシウム不足(骨粗しょう症)
 になる。

・牛乳が完全食品であるというのはメーカーの誇大広告による思い込
 ませである。

また、病気にならない生き方で有名な、胃腸内視鏡学のパイオニア
新谷弘実先生はその著書のなかで牛乳の弊害について次のように
述べています。

・牛乳に含まれるたんぱく質「カゼイン」は消化が悪い

・ホモゲナイズ(均一化)により乳脂肪分が酸化し、過酸化脂質に
 なっている。錆びた脂である。

・過酸化脂質を多く含むため、腸内に悪玉菌を増やし腸内細菌の
 バランスを崩す。腸内に毒素発生

・高温殺菌によりたんぱく質が変質している。

・市販の牛乳を子牛に飲ませると4・5日で死んでしまう。

・臨床データにより、牛乳や乳製品の摂取はアレルギー体質を作る
 ことが 高いことが明らかになっている。

・30年間でアトピーが急増、学校給食開始時と一致。牛乳に原因あり
 と考えられる。

・骨粗しょう症になる(牛乳を飲むと血中カルシウムが急激に上がる
 ので余剰を排泄するよう体が機能する)

・牛乳を飲む習慣が無かった頃は骨粗しょう症はなかった。

・小魚・海草に含まれるカルシウムは牛乳のように急激に体内
 カルシウムを増加させない。


もちろん上記に関しては牛乳推進派から否定的見解も出されています。
一方的な牛乳否定理論ととられるかもしれません。今の所、どちらが
どうとは判断しにくいと思います。

ただ、これだけ弊害を列挙されると、アレルギー体質である我が子に
毎日牛乳を飲ませる事に抵抗を覚えるのは自然な感情とご理解
頂けないでしょうか?

私は学校給食で普通に牛乳を毎日飲み、その後特にアレルギーは
出ていません。就職してから花粉症がはじまり、毎年色んな方法で
対処していましたが牛乳がアレルギーの原因と聞いて牛乳を極力
飲まないようにした結果、かなり花粉症が軽減しました。知人も
同じ経験をしています。

また、友人の子供が極度のアトピーになり、牛乳・乳製品・
動物性たんぱく質を避ける(いわゆるマクロビオティック)生活に
変えたところ、一気に改善したという事実もあります。

そういう実体験も牛乳を避ける大きな要因となっています。

以上、ご参考まで。

色々とお手数をおかけしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。
____________________________
posted by megmama at 15:03 | Comment(32) | TrackBack(0) | 危険な食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
私にとってタイムリーな記事です。
ありがとうございます。
詳しくは後日私のブログでも触れていきたいですが、この問題、ほんとマクロビ実践者としては悩ましいですよね。
Posted by あわぽん at 2008年03月11日 10:59
> あわぽんさん

コメントありがとうございます。
「牛乳=健康、カルシウム摂取に最適」という
イメージがあまりにも浸透しすぎて、牛乳NGの
考え方はなかなか理解してもらえませんよね。
かくいう私も数年前まではこんな風に考えた事もなく、
お恥ずかしながら牛乳大好きさんでした。

あわぽんさんのブログ、拝見しました。
共感できるところが多く、またじっくり記事を
読ませて頂きたいと思います。

あわぽんさんのブログで牛乳についてご意見を
うかがえるのを楽しみにしています。
Posted by megmama at 2008年03月12日 10:51
はじめまして
私も今牛乳のことで大変な思いをしている最中です。
今日アレルギー検査に行ってきたばかりです。
うちの子もアレルギーではありません。
私が絶対飲ませたくないのです。

まったく同じ考えの人っているんだなぁ〜と思ってホッとしてます。

添付文章お手本として使わせてもらってもいいですか?
はじめましてなのに非常にずうずうしいお願いしますが宜しくお願いしますm(__)m
Posted by かりん at 2008年05月17日 00:35
> かりんさん

コメントありがとうございます。
牛乳のこと、頭が痛いですよね。

私は牛乳の弊害を知るまでは乳製品大好きっ子で、腰に手をあてておやぢみたいに
「ぷは〜」って飲んでました。

でもやっぱり知ると恐ろしくなりますね。

最近は牛乳を飲ませない人が多いので給食費(牛乳分)が返金
される所もあるとか。
自治体によって対応はかなりまちまちのようです。

学校給食法では牛乳は飲ませなくてはいけないものとはなってないそうです。
http://www8.ocn.ne.jp/~f-and-h/kyusyoku/serial/shimizu/20051001.html

添付文章、かなり突っ走っていた時期に書いたものなのでお恥ずかしい限りです。
私は専門家でもなく、知識も偏った状態です。
そういう私が書いた文章ということをご理解頂けるのであれば、
この文章が何かのご参考になれば幸いです。
Posted by megmama at 2008年05月17日 01:42
保育園に提出されたのでしょうか。
やる事、さすがですねー。
私も例の件で(その節はお世話になりました)、園長、主任、担任、給食担当、
関係各署に経緯書・要望書を提出し、
今は保育園のおやつは私がOKしたものが
クラスのアレルギー子のスタンダードに
なっており、対応に満足しています。
保育園の給食の対応は、現段階では違和感なく、満足しています。
やはり感情的にならず論理的に文章で訴求すべしですねー。
交渉ですもんね。
また、この件はブログで報告しますね。
Posted by sammy at 2008年05月20日 13:40
> sammyさん

いつもコメントありがとうございます。

これは昨年のことですが、前の保育園とのあまりの違いに失望し、
丁度自分が少しずつ知識を増やしつつあった時期なので
かなり突っ走った文章だったなぁと思います。

その時にブームだった書籍から引用してるあたりも私らしいなぁ・・・。
(影響受けやすい)

でも、基本的に牛乳を毎日飲ませる事には反対という姿勢です。
これから行政側といろいろあると思いますが、言うべき事は言うというスタイルでいきたいと思います。

> 今は保育園のおやつは私がOKしたものが
クラスの
> アレルギー子のスタンダードになっており

さすがです。
sammyさんが書いた文章なら保育園側も文句なしでOKでしょうね。
ブログでのご報告、楽しみにしてま〜す。
Posted by megmama at 2008年05月22日 09:58
<emoji:face_hearteye>
丁度私の通う保育士さんも牛乳不安の質問に対して医師の診断書をもってきてくださいの一点張りでした。私がアレルギー体質だから遺伝も心配といってもまるで無関心です。何でも相談してくださいといって相談は聞いてもらえません。この文章を読んで私も決心しました。まねさせていただきます。ほんとうにありがとうございます。
Posted by ヤルフ at 2009年06月03日 14:24
ヤルフさん

コメントありがとうございます!
なのに・・・返信がこんなに遅くなって申し訳ありません。
(言い訳:幕内氏講演会延期でばたついてました)

牛乳問題は面倒ですよね。
かくいう私もこっち系(どっち系?)に関心を持ち始める前は「牛乳=健康」と思って疑わない人でしたから。

保育士さんも悪気はないと思いますが、立場上診断書を強要せざるをえない部分はあるとは思います。

ただ、こちらの言い分にも耳を貸す姿勢は欲しいところですよね。(逆に、こちら側も落とし所を模索する姿勢を示さないといけないとは思いますが)

牛乳を強制できないのは事実です。お子さんの健康のためにも、母は強し!で頑張って下さいね。
(小学校に上がると意外と簡単だよ、という話も聞きました。ほんとかなぁ・・・)
Posted by megmama at 2009年07月06日 11:59
はじめまして。
通りすがりの者です。

あなたがそこまでして牛乳を子供に飲ませたくない気持ちに違和感を感じました。
食生活の改善は体の不調や健康のためには良いとされていますが、そこまで神経質になるほうが不健康な気がします。

わたしも特に牛乳が優れた食品だとは思っていませんが、今ではいろいろな食品加工などに使用されるなどわたしたちの生活の中では切っても切れないもののような気がします。

お子さんもいずれ親の目を盗んで合成着色料たっぷりの駄菓子などを食べたりするようになりますよ。

マクロビ信者が不健康そうに見えるのはわたしだけでないはずです。
Posted by 牛子 at 2010年01月25日 18:17
> 牛子さん

コメントありがとうございます。

とても丁寧に言葉を選んでコメント下さったのだろうなと思います。ありがとうございます。

記事にもありますが、牛乳を完全否定しているわけではなく、毎日相当量を継続的に摂取させられることに抵抗があります。

牛乳そのものを自宅で飲ませることはないですが(極端に避けているわけではなく自然とそうなっています)、加工食品などを口にすることもあります。

お察しのように、この記事を書いた頃はかなり制限と思われる形になっていました。制限しすぎるとそれが子供に対する否定となり、いずれは思わぬ方向に暴走する可能性がある、最近はそちらのほうが怖いなと思っています。

食に関しては色々情報も混乱していますし難しいですね。

そういう反省を経て、最近はおいしく・楽しく・ありがたく頂くことを伝えていければな〜と思っています。
Posted by megmama at 2010年01月26日 00:43
H22.4月から小学1年生の女子。
現在、公立保育所に言ってます。
保育所は、口頭で申し出しただけで、
牛乳飲まなくてもいいことになりました。
親がアトピーで、子供も一度、
湿疹のようなものがで、
念のため、飲みたくない、
控えたいと言った。
ただ、小学校は、絶対、診断書を
出してくださいとのことでした。
小児科をあたっていますが、
検査しないと書けないとか
言われてます。
もし、よろしかったら、
この小児科を紹介していただけないでしょうか。
大阪なら、行けます。。。
Posted by ちさこ at 2010年02月09日 19:53
> ちさこさん

コメントありがとうございました。
(個別メールさせて頂きました。)

小学校は比較的ゆるくて、診断書の提出が必要ないところがほとんどだと思っていましたが。

そうじゃないところもあるのですね。

保護者の方とお子さんのご意向を学校側が理解してくれることを願います。
Posted by megmama at 2010年02月28日 02:36
megmama様
はじめまして、1歳児の母です。
来年からどうしても入れたい保育所で、牛乳アレルギーではないけれど毎日飲ませたくないと言うと、アレルギーではないと駄目だと言われ落ち込んでいた所こちらを見させて頂き勇気がでました。
是非一部お手本にさせて頂きたいです。
よろしいでしょうか。。

親の考え方はそれぞれなので、尊重される世の中になって欲しいですね。

通りすがりの方の意見も意見として分かりますが、一言体験談を言わせてください。

>お子さんもいずれ親の目を盗んで合成着色料>たっぷりの駄菓子などを食べたりするように>なりますよ。
とありますが、私自身0歳から8歳頃まで玄米や無農薬の自然な食事で育てられました。
どうしてそういう食生活なのか、親が話してくれていたので、納得していました。
親の手作りの焼きたてのお菓子が何より幸せな思い出です。

10歳頃に親の目を盗んで駄菓子等食べましたが、合成着色料たっぷりのお菓子などは食べると気持ち悪くなりました。
結局ふ菓子やラムネ等シンプルなお菓子が好きでした。
その後コーラなども少しは飲みましたが、成人してからは化学調味料等食べるとすぐに分かる体質(舌)になりました。
三つ子の魂百までと申しますが、やはり小さい頃の食生活はその子の一生を左右するのではと思います。

兄や友人も同じ様な人が沢山いて驚きました。

megmamaさんワーキングマザーお互いに大変ですが、ゆるく無理せず楽しく育児しましょうね♪
またお邪魔させて下さい。
Posted by kmama at 2010年05月13日 22:50
> kmamaさん

コメントありがとうございます。
牛乳については賛否両論ですし、比較的議論のもとになりやすいのですが、こういう温かいコメントを頂けると嬉しくなります。

この書面を提出したのは公立保育所で何かにつけて書類!でした。下の子が通う私立保育園はものすごく理解があってこちらの意向を尊重してくれます。(アレルギー検査をするようには言われますが強制ではないですし、診断書までは言われません)

保育所は公私共に所長・園長の考え方で変わるところが大きいようですね。

お子さんが通う保育園が理解して下さる事を願います。

> 私自身0歳から8歳頃まで玄米や無農薬の自然な食事で育てられました。
> どうしてそういう食生活なのか、親が話してくれていたので、納得していました。

そうなんですね。なんだか嬉しくなりました!
ただ、うちの子はやはり添加物入りまくりのカラフルな駄菓子に興味津々で、たまに食べると「おいしい」と白砂糖の魔力に取りつかれた感があります。
kmamaさんの親御さんはおいしい手作りおやつを作って下さっていたんでしょうね。
私もそうなれるよう頑張ります。

私自身、コーラやカップ麺は制限されていて飲みたい・食べたいと思っていた人ですが、やはり小さなころから親が教えてくれたことって身についているものですね。
マクロビオティックを知る前から添加物や加工品には抵抗のある大人になっていました。

子どもには制限を厳しくするのではなく、本当のおいしさを伝えていけたらいいなと思っています。

基本はおいしく・楽しく・有り難く。
これを大切にしたいです。
(といいつつ、やはり「それはダメ」と、ついつい言ってしまうのですが)

よければまたお越し下さいね。
Posted by megmama at 2010年05月14日 02:50
5歳になる息子は保育園でアレルギーではないのですが、牛乳を除去してもらっていました。
が、園長が変わり、5歳になったしご褒美に牛乳を解除してみては?と話があり困っています。
保育園 牛乳で検索してこちらのブログに来ました。
アレルギーではないけれど、病院の指示書もあるので除去していただいてますが、園長の考えが牛乳=体によいものなので、話し合いをしても平行線。
社会性や子供の人権まで持ち出されて。。
園での牛乳だけ解除にして家では除去にすれば、スムーズに済むだろうと思うのですが、「よかったね〜今日から牛乳飲めるね〜」なんて多分おっしゃるだろうと思うと、心がもやもや・・。
ちょっと調べれば、牛乳神話についての疑問がいっぱい出てくるのになぁと思ったり。

すみません、長々と。
同じように思っていらっしゃるママがいらして、ちょっと心強く思いました。
Posted by REI at 2010年05月26日 12:30
> REIさん

コメントありがとうございます。

この記事、随分前に書いたものですがこうやって時々コメントを下さる方がいて、やはり関心の高い分野なのだなと改めて思います。

保育園はやはり園長の考えに大きく左右されますね。
うちは娘の私立保育園(2歳児まで)も息子の公立保育所も、私が"うるさい人"と認識されていたせいか、ある程度説明すれば可能な限りは受け入れて頂けました。

どんなに体に良いとされる食べ物でも毎日大量に摂取すると体には負担になるのじゃないかと思います。
(日本人の主食である米は除きますが)

風邪をひいて熱がある時に何を食べさせる?と聞かれると「牛乳」「お肉」ではなく「お粥」、これが普通の日本人ですよね〜。

「なんで牛乳は体に良くないって事、分かってくれないんだろう?」というのと同じように、先方は「なんで牛乳の良さが分からないんだろう?」なのでしょうね。

私は自分の花粉症が乳製品を避けることで改善されたという実経験もあるので、比較的強く出たところがありますが、REIさんも先生方とお話しつつ、少しずつ理解してもらえるようになるといいですね。

私も同じ思いのお母さんがいて、嬉しく思います。
Posted by megmama at 2010年05月28日 09:18
とても参考になりました!

わたしも今まったく同じ問題に直面しています。

真弓貞夫先生の「牛乳はモー毒」の漫画がきっかけです。

わたしのところの保育園も診断書がないとダメで、今のところ1歳児で牛乳のアレルギーの子は今までおりません!とはっきり言われてしまい、ライスドリームという玄米ドリンクで代用してもらおうものならあやしい顔をされてしまいます。。

もしよろしければ小児科の先生を教えていただけますでしょうか??

よろしくお願いいたします。
Posted by ほんだまゆみ at 2010年08月05日 00:37
> ほんだまゆみ様

コメントありがとうございます。

真弓先生の「カンジンカナメ」シリーズ、いいですよね〜。
2歳の娘も分からないなりに、ふんふん、と聞いてくれます。

保育園は園長先生の考え方次第というところが多いですね。
診断書が必要というのであれば、逆にそれさえあればOKということなので、ここは診断書を書いてくれるお医者様を探したほうがスムーズかもしれませんね。
(小児科の先生については個別メールしましたのでご参照ください。)

私のようにいきなり戦闘態勢にはいらず(^_^;)、日常のちょっとした会話から徐々に先生方の理解が深まっていくといいですね。
(お友達のところは、そうやって時間をかけたことでおやつがALL手作りおやつに変わったそうです。)
Posted by megmama at 2010年08月06日 13:14
はじめまして☆
2歳の娘をもつ母です。

うちの娘は牛乳が大好きすぎて毎朝、一気飲みするので少しずつカップに入れるほどです;

福島原発事故での放射能汚染も気になって、食物連鎖の関係で濃縮された放射性物質を多く含む牛乳に対して、怖さを益々覚える今日この頃です。

そのことを保育所で話したのですが、私が住んでいる関西では放射能に対する危機感があまりないのか、そういう考えは私だけのようだったので驚きました。

このブログの記事をみて、牛乳が本来、ひとの身体にとって「いい」か「悪いか」の観点で深く考えさせられました。

そしてやっぱり脱牛乳を考えざるを得ないと思いました。

ただ、牛乳を愛してやまぬ私の娘に牛乳に代わる飲み物をマクロビの視点からもおすすめできる物を教えていただけないでしょうか?
Posted by まめる at 2011年08月25日 13:21
> まめる様

コメント有難うございます。

放射能汚染、子どもは大人に比べてはるかに影響を受けやすいので心配ですよね。

私も同じ関西ですが、周りは比較的関心が薄いですね。
行政も同じ感じなので呆れてますが。
(大阪市はこんなもんなのです・・・)

私は牛乳については完全否定派ではなく継続して大量に飲む事に対して抵抗を覚えています。(自身はどちらかというと大好きで小さい頃からたくさん飲んでいました。娘さんのお気持ちが分かるかも・・・)

自分の花粉症発症や子どものアレルギー体質を経験して、ようやくこういう方面にも関心が向くようになりました。

牛乳に関しては至るポイントで「体にいい」と情報操作されていますし、業界からの圧力もすさまじいらしいので、すぐさま給食からなくなると言う事はないと思います。

でも、こうやって関心を持つ方が増えるのは良い事だと思います。

牛乳だけ変えようとするのではなく、カタカナメニューのオンパレードとなった給食を「米」中心の和食に軌道修正するというのもポイントかな、と最近は思っています。

※記事を書いたのは随分前なのでかなり突っ走っている内容かと・・・。すいません。

さて、牛乳の代替えですが、豆乳というのが一般的ですね。ただ、これも体を冷やしますし、継続して大量に取り続けるのに適したものではないと思います。

他にはライスドリームというものも。(米が原料で自然な甘みです。ただ、自然食品店とかじゃないと手に入らないかもしれません。)

続く・・・
Posted by megmama at 2011年08月25日 15:55
> まめる様

続きです・・・

牛乳ですが、お子さんには急にやめさせると”制限”となって親子で苦しくなる可能性もあるので、日常生活の中で楽しくお話しつつ、徐々に、減らせていけるといいかな、と思います。

真弓定夫先生の「牛乳はモー毒」という本もご参考になさってください。内容的に難しい言葉も出てきますが、意外と小さなお子さんでもある程度理解してくれるようです。(漫画形式ですし)
我が家の子どもたちも時々引っ張り出して来ては「読んで〜」と言います。
http://www.biken-guide.com/?pid=7298819

お役に立てれば・・・

(何かあればまたご連絡下さいね。私で分かる事なら。このコメント欄は承認制で、こちらが承認しないものは表示されないので、コメントからアドレスお知らせ頂ければ個別メールでご連絡可能です。)
Posted by megmama at 2011年08月25日 15:58
こんにちは。
私のこどもは2才で私立の認可保育園に通っています。
私も牛乳は
否定派です。
今日、牛乳を飲ませないでほしいとお願いしたら、
やはりアレルギーがない限り栄養のバランスがあるのでだめだと言われまし
た。
お聞きしたいのですが牛乳だけでなく園で出る乳製品が含まれるものは全て止めてもらっているのですか?
Posted by あかね at 2011年12月06日 10:10
> あかね様

コメント有難うございます。
やはり牛乳については関心度が高い話題
なのだなと、こうやってコメントを頂く
たびに思います。

保育園・幼稚園だと公私とわず園長(所長)の
考え方ひとつ、という所が多いですようです。
いらないと言うだけでOKだったり、診断書が
必要だったりetc。

相手も人間なのでゆっくりと時間をかけて
話をしてゆけばお互い折り合える接点が
みえてくるかもしれませんね。

診断書が必要というのなら、今は診断書を
書いてくれるドクターを探して書いてもらう
というのも対応策かもしれません。

この記事を書いたのは、年少〜年長までお世話に
なった公立保育所に通っていた頃です。
かなりアレルギーも改善されていたので、
牛乳だけやめてもらっていました。
乳製品については継続的に同じものが大量に
出されるというわけではなかったので、それは
目をつぶりました。

連絡先を記載頂いていたようなのでまた改めて
ご連絡致しますね。

色々立てこんで増して。少しお時間かかるかも
しれませんがしばしお待ち下さいませ。
Posted by megmama at 2011年12月07日 11:33
学校給食の牛乳について、悩んでいて調べていたところ、見つけましたのでコメントさせていただきます。

現在、子どもが新一年生で学校給食の牛乳を削除してほしくて先生方に相談している最中です。
アレルギーではないので、そこがなかなか理解していただけず、難航している状況です。後日管理職の先生(校長か教頭)と面談をすることになりました。
その際に、牛乳の弊害を述べ理解して
いただけるのか、あるいはアレルギー体質ではあるが数値が出ないと少し嘘をつかないといけないのか、、考えると気が重いです。泣き寝入りもしたくないし、先生方とも上手に付き合いたい、と考えてはいるのですが、どうやったら通じるのか今かなり悩んでいます。。
Posted by こばこ at 2012年04月16日 15:34
こばこ様

コメント有難うございます。

牛乳問題、頭が痛いですね。

息子の通う小学校(記事では保育所となっていますが、今は成長しまして小学生です)は特に診断書もなく牛乳を飲ませない対処をしてくれます。

が、今年に入って書類形式が変わったので書くものは増えました。

かたくなに拒否するのではなく、どこまで理解してもらうか、とか、お互いに気持ち良く接することができるか?とか考える事は多々ありますね。

よい着地点がみつかりますように。

改めてご連絡差し上げますね。
Posted by megmama at 2012年04月17日 11:55
はじめまして。子供のアレルギーから、こちらにたどりつきました。
小学校給食が、はじまった途端、ひどいかゆみがはじまり、原因は、牛乳ではないかと、学校にお願いして、しばらく中止しました。すると、3日程でかゆがらないように。今までずっと、ボロボロができていた背中なども、きれいになりました。アレルギー検査をしましたが、陰性で、小学校、主人を納得させる証拠がでず、困っています。診断書がないと中止できないとのことです。かかりつけのお医者様は、陰性だから、他の病気かもしれない。と全く理解してもらえませんでした。牛乳が、全て悪いとは思っていません。ただ、毎日大量に飲む事の、弊害が気になってしまうのです。あんなに、苦しむ我が子はみたくないのが、正直なところです。
理解のあるお医者様を、まず探すつもりです。いろんな御意見が、あると思いますが、こちらのサイト様をみつけてホッといたしました。ありがとうございます。
Posted by ひな at 2012年05月22日 08:10
> ひな様

コメントありがとうございます。

貴重なお話をありがとうございます。
そうですか、やっぱり牛乳が少なからず影響
していましたか。

でも、それだけ顕著に結果が出ているのにやっぱり
お役所仕事ですね。

学校にもよると思うのですが、保育園・保育所時代は診断書が必要で、小学校にあがってからは書類のみ(診断書不要)でした。
ただ、同じ大阪でも学校によって違うので、校長先生の考え方ひとつ、ともいえるかもしれません。

以前の私なら、牛乳をやめたら改善されたことを伝え「もし牛乳を飲み続けて子どもに異常があったら責任はだれが取って頂けるんですか?」と強く出ていたかもしれません。もしくは、上部組織の教育委員会に書面で改善を求めるか。

ただ、何年かこういう目線で見てきて、強くこちらの言い分を通すだけが効果的なわけではないな、と思うようになってきました。

相手も人間なので、対立的な態度でこられると受け入れられるものも受け入れられなくなるかもしれません。それと対学校、対お友達という関係を考えたときにこういうやり方は得策ではないかなとも思うのです。

診断書を書いて下さる先生がみつかるといいですね。
それが一番の解決策だと思います。
大阪ならご紹介できるのですが・・・。

それと。でしゃばりかと思いますが・・・。お子様のメンタル面のフォローも大切にしてあげて下さいね。周りと違うという事をお子様もお友達も分かってくる年齢なので、お子様自身を納得させてあげる、何かあった際は親御さんが守ってあげる、そういう視点からの対策も必要かなぁと思います。

少しでもご参考になれば。
Posted by megmama at 2012年05月23日 01:40
先日は、あたたかい、お返事ありがとうございました。
少し、落ちこんでいましたので切り替える事が、できました。
(まだまだ、少数意見ですから)

とりあえず、学校側と話し合い、牛乳をしばらく飲まないという事で、
決着しました。やはり、診断書の有無で雰囲気がかわるもので、
なごやかに、話がすすみました。

今までで一番話を聞いてもらえたのが、学校側というのも、変な
気分でしたが。牛乳の弊害に関しては、いろいろな意見があり
ますので、自分の子供の症状のみ、伝えました。

子供も、直ったら飲みたがってますので、6年間牛乳なしという
事には、ならないと思います。かゆくなるから、牛乳はお休み
というのは、納得したようです。

飲みたくなったら、家で飲んでいいからねとは、伝えています。
ただ、毎日飲むのは、やめようねということで。診断書を出して
くれた、お医者様は、「牛乳か〜、そんなに大事じゃないけどね。」
と、おっしゃっては、いたものの、診断書名は、アトピーではなく、
蕁麻疹で記入されていました。

アトピーでは、理由としては、書きづらかったようです。
聞いた事ないなあとも、(アトピーが牛乳で、悪化というのは)
おっしゃってました。やはり、一般的では、ないんですね。

仕方なく書いたという雰囲気でした。とりあえず、やめられた
だけで満足しようと思います。

長文失礼いたしました。
Posted by ひな at 2012年05月29日 09:22
> ひな様

ご報告コメント、ありがとうございます。

コメントを読みながら、ひなさんが凄く上手に
学校やお医者様とコミュニケーションを取りつつ
要望を伝えていらっしゃるなと思いました。

勉強になります。

どれが正解と断言できるものではないと思い
ますが、ひなさんの今回の対応はまわりの
みなさんが納得できる形だったのではないかと
思います。

お子さんもご自身の体で感じた異常だから
納得してくれたのでしょうね。その後の事も
ちゃんとフォローしてあげているので、安心感
もあったのかなと思います。

牛乳関係は賛否両論でネットを調べても激しく
議論が交わされているような場もあるようです。

色んな意見を参考にしながら、ひなさんの軸と
なる考えがかたまるといいですね。そして
同じような考えの方との交流も増えるといい
かなぁと思います。

ご連絡、本当にありがとうございました。
Posted by megmama at 2012年05月29日 13:21
初めまして。
1歳半の双子に、どうしても牛乳を飲ませることへの抵抗が拭いきれず、こちらのブログへ辿り着きました。
保健所や周りのお母さん達もみんな当たり前のように牛乳を勧めるので、こちらのブログを見つけてとても救われました。

牛乳を飲まないで育てられたとありましたが、1歳半頃などは、牛乳のかわりにどのようにされていたのか、教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。
Posted by Lamp at 2013年12月03日 00:43
> Lampさん

コメントありがとうございます。
この記事は上の子が保育所入所した際に書いた記事です。(2歳児までの乳児園を卒園し、公立保育所に3歳児クラスから入所)

随分前の記事ですがこうやってコメントを頂くごとに、やはり牛乳について関心を持っている方がいらっしゃるんだなぁと思います。

牛乳を全否定するつもりはありませんが、色々な意見、自分の体験、知人のお子さんの体験をふまえて、我が家では子どもに”毎日””大量に”牛乳を飲ませることは控えたい、という結論に達し、それは今も変わっていません。

お子さんが小さいうちは、最終的には親御さんが決める事になりますが、色んな意見を聞いて考えてご自分なりの結論を出せるといいな、と思います。(牛乳に限らず、今、いいとされてる事でも、何年か経ったら逆になってる事って結構ありますし・・・。ならばその時点で自分が納得して判断する、という事が必要かなぁと思います。)

上の子の時はよくわかってなかったので、毎日保育園で飲む牛乳の量を減らしてもらい(とても理解のある保育園でした)自宅では飲んでいませんでした。豆乳を変わりに、という案もありましたが、それとて継続して飲むことには抵抗があったのでお断りしました。小学生となった今はお茶を持参していて、特に「牛乳を飲みたい」とは言っていません。

下の子は上の子よりアレルギー元が多かったので最初から牛乳を飲ませるという考えはなく、6歳になる今でも保育園でも自宅でも飲んでいません。来年小学生ですが、上の子と同じくお茶を持参させる予定です。(小学校は診断書無し、自己申告で牛乳をお断りできます。)

園によって対応が変わると思いますが、診断書を出せばOKの所なら、理解ある御医者様を探して診断書を書いて頂くといいかなと思います。
Posted by megmama at 2013年12月03日 16:25
(続き)

> Lampさん

ちなみに。二人とも、アレルギー値はほとんど数値としては出ないレベルになっています。が、本人達が牛乳を飲む事を希望しないので、このまま飲まない選択を続けていく事になりそうです。

ご飯に牛乳っておかしいし・・・。先生方に自宅でそういう献立の夕食出てきて普通に食べます?って聞いてみたいですけど、給食として出てくると普通に食べちゃうんですよね。(私も子どもの頃は普通に食べてました。)

どうなのかな?と立ち止まって考える事は大切だと思います。
Posted by megmama at 2013年12月03日 16:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406347662

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。