子どもを叱る、怒る

2007年05月06日
子どもを叱る、怒る

子供を叱る、怒る、育児の永遠のテーマです。

私が最近はまっている育児系のメルマガです。
育児でお悩みのみなさん、目からウロコの情報たっぷっりでお勧めです。
____________________________
幸せなお母さんになる為の子育て
人材育成のスペシャリストが20年掛けて、自分の子供で実証した
子育て法。どうやって育てたの?うらやましい!と言われ続け、
担任の先生にまで聞かれた『子供の“能力を開花させる”秘密の方法』
をあなただけに。

あべまゆみ流・子どもが育つ叱り方
乱万丈な人生を歩いてきた5児の母が、実体験から子育てをコーチング。
褒めるのは誰にでもできます。でも、叱れるのは親のあなたにしか
できません。叱ると言いながらあなたは怒っていませんか?
さぁ、肩の力を抜いて育児しましょ。大丈夫ですよ。
____________________________

私は短気ですぐに怒ってしまいます。それも日常のちょっとしたことに対して。
子どもに対してもやっぱり怒ってます。
育児書を読むとどれを読んでも怒るのはよくないと書いてますよね。

夫は逆に些細なことには特に口出ししないタイプ。特に子どもに
関しては。そして腹がたってもその場では怒らないよう心がけて
るそうです。
かといって温厚なタイプではないですよ。至って短気です。(笑)

最近、自分でもよく子どもに対して「怒る」なぁと思っています。
特に出勤前朝の忙しい時間帯。時間がなくなってくると特にですね。
子供が寝坊し、更に食事にやたらと時間がかかる。その他にも何かに
つけて子どもが手のかかることをする、最悪のパターン。
ついつい「いい加減にしなさい。早くしなさい。何回言わせるの」
となります。

怒り始めると次第にエスカレートして段々ブレーキが効かなくなって
くるんですね。感情に任せて怒ってしまいます。
これは本当に反省すべき点です。

先日も些細な出来事がきっかけで子供に大きな声を出して怒って
しまいました。夕食の片付け・洗濯etcやるべきことがたくさん
控えていて余裕がなかったんでしょうね。ついイライラ。
夫に「子供相手に。むきになってもしょうがない。」と言われて
ようやく我に返りました。

その前も夫に
「子どもに大きな声で怒らんほうがええよ。怒られる事に慣れて
しまってホンマに怒らなアカン時にきかんようになる」
といわれたばかり。

ふりかえれば、朝も夜もバタバタの中、よく怒ってます。
子供がいたずらしたり、言うことを聞かなかったり。結局、
自分の思い通りに事がすすまない事にイラついてると気づきます。

言うことを聞かせようと思うからダメなんでしょうね。
子供がどうしてそれをやろうとしているのか、なぜそういう行動を
とったのかを考えるべきですね。失敗したら怒るのは仕方ないとして、
頭ごなしに怒るのではなく、何がいけなかったのか必ず説明する。
そうすることで次に同じ過ちをしないようにインプットしてあげる。

今回の反省を生かして・・・

・まず、大きな声で怒るのをやめる。
・子供がどうしたいのかを考える。
・子供を信用する。(今できなくても、言う事聞かなくてもいつか
 分かってくれると思って接する)

を、心がけたいと思います。
育児って本当に難しい。まさに育自ですね。
posted by megmama at 06:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児の悩み・相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406347566

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。