おにぎり マクロ姫作

2014年03月07日
おにぎり マクロ姫作

おにぎり

なんのへんてつもない、白ごはん(と分づき米)のおにぎり。

ですが、こちらはマクロ姫作です。
握り方を教えたら、それはそれは丁寧にぎゅっ、ぎゅっと握っていました。

力作(^o^)/

どや顔のマクロ姫↓

おにぎりとマクロ姫

どやっ!(笑)

最初は「難しいからできひん!」とか「あつい〜」とか文句たらたらだったのに
いつの間にかものすごく真剣な表情で、でも、ものすごく楽しそうにおにぎりを
握ってました。

素敵女子への第一歩(^o^)/

日本人の食事の基本は「お米」

ここの軸を忘れずに、自分で取捨選択しながら生きてゆける人になって
くれたらいいなぁ。



<お知らせ>

私もスタッフとして参加します。妊婦さん、保育士さん、保健師さん、
子育てにかかわるすべての方に聞いていただきたい、地域のみんなで
お産・子育て、のお話。

お産に秘められてるチャンスを再確認!

「ようこそ赤ちゃんわが町へ」

いくの区公開講座&写真展
「地域で支えられ支えることの関係性を創造する」
〜産む人の妊娠中・出産・産後の満足感が子育て力にかわる時〜

ようこそ!赤ちゃんわが町へ
目をかけ、手をかけ、ことばかけ 心かけて妊婦が大事にされるまち

日時:2014年38日(土) 13時30分〜16時30分 (受付13時〜)
場所:KCC会館
〒544-0032 大阪市生野区中川西2-6-10
TEL 06-6731-6801 FAX 06-6718-0988


***

1部:特別公演
「いのちまるごと あたたかく迎えるために」
 〜産後の課題とケアの重要性について〜

福島富士子(国立保健医療科学院 匿名統括研究員 母子健康危機管理分野)


2部:パネルディスカッション
「切れ目のない支援・地域で子育てを支えること」

上野 昌江(大阪府立大学看護学部地域看護額分野教授)
亀田 隆 (亀田マタニティ・レディースクリニック院長)
森本宮仁子(聖和共働福祉会大阪聖和保育園施設長 関西学院聖和短期大学保育科非常勤講師 都市政策修士)


「ようこそ赤ちゃん」スライドショー photo:なかおあづさ

「産む側からのメッセージ」 熊野真弓

***

140308ようこそ赤ちゃんわが町へ1

140308ようこそ赤ちゃんわが町へ2

posted by megmama at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大好評「青菜のふりかけ」

2014年03月06日
大好評「青菜のふりかけ」

ひさびさにレシピがらみの記事、かも(*^_^*)

このところ子ども達に大人気の青菜のふりかけ。
以前は、青菜ってだけでNGだったミニラ1号も、「試しに食べてみ」と
食べて以降、はまってます(笑)

青菜ふりかけ

横から写りこんでるお箸はミニラ1号のしわざです。
「こうやったほうがおいしそうに見えるやろ?」って。(かわいいやん!)


■作り方は簡単♪

1.適当な青菜(大根の葉っぱ、かぶの葉っぱ、小松菜etc)をみじん切りに

2.お好みの油を入れたフライパンで炒め

3.塩・しょうゆなどで味付け

ごまを入れると風味が出てさらにおいしいです♪

油を入れすぎるとベタッとなるのでお気を付けくださいませ。

実家から野菜を送ってくれることがあるのですが、そのときマクロ姫は
必ず「大根の葉っぱも入れてね」とリクエストします。←大根のない夏でも(笑)



竹下先生の「弁当の日」を知ってから、子どもたちが台所仕事に
関心を持ち、自ら台所に立つ事を希望し始めました。

といっても気分次第のところもありますけどね(笑)

ちなみに、青菜のふりかけはミニラ1号が炒めてくれました♪

はなちゃんの味噌汁、のはなちゃんみたいにはいかないけれど、
我が家は我が家のペースでぼちぼちやっていきます。

自立といわれるときまでに、自分の食べ物は自分で作れる人になって
いただきます♪


<お知らせ>

私もスタッフとして参加します。妊婦さん、保育士さん、保健師さん、
子育てにかかわるすべての方に聞いていただきたい、地域のみんなで
お産・子育て、のお話。

お産に秘められてるチャンスを再確認!

「ようこそ赤ちゃんわが町へ」

いくの区公開講座&写真展
「地域で支えられ支えることの関係性を創造する」
〜産む人の妊娠中・出産・産後の満足感が子育て力にかわる時〜

ようこそ!赤ちゃんわが町へ
目をかけ、手をかけ、ことばかけ 心かけて妊婦が大事にされるまち

日時:2014年3月8日(土) 13時30分〜16時30分 (受付13時〜)
場所:KCC会館
〒544-0032 大阪市生野区中川西2-6-10
TEL 06-6731-6801 FAX 06-6718-0988

***

1部:特別公演
「いのちまるごと あたたかく迎えるために」
 〜産後の課題とケアの重要性について〜

福島富士子(国立保健医療科学院 匿名統括研究員 母子健康危機管理分野)


2部:パネルディスカッション
「切れ目のない支援・地域で子育てを支えること」

上野 昌江(大阪府立大学看護学部地域看護額分野教授)
亀田 隆 (亀田マタニティ・レディースクリニック院長)
森本宮仁子(聖和共働福祉会大阪聖和保育園施設長 関西学院聖和短期大学保育科非常勤講師 都市政策修士)


「ようこそ赤ちゃん」スライドショー photo:なかおあづさ

「産む側からのメッセージ」 熊野真弓

***

140308ようこそ赤ちゃんわが町へ1

140308ようこそ赤ちゃんわが町へ2

posted by megmama at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。